スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

商品先物って? 

商品先物取引というと、みなさんはどういうイメージを持っていますでしょうか?

年配の方は先物取引にいいイメージを持ってないでしょうね。

人に株をやってると言うと、反応がありませんが、先物取引をやってると言うと「えっ!?」っていう反応が返ってくるでしょう。

先物取引だって立派なマーケットであり、本来ならば先物取引をやってると言っても白い目では見られないはずです。



商品先物で儲ける方法について、次のページをおすすめします。




今まで、商品先物取引会社の中には悪徳業者があったり、通った先物取引会社でも組織的に、客にお金を使わすだけ使わすような営業をやってるところが多く、その結果、客が財産をなくしてしまうというケースが多いため(株式でもありますが)、先物取引へのイメージというものが非常に悪いものになっています。


もちろん。中にはまじめな先物取引会社や営業マンもいますが、悪徳業者の方が話題に載りやすいだけ商品先物のイメージが悪くなっていました。





そんな商品先物取引ですが、先にも述べましたように先物取引自体は問題もネットを使って自分でやれば我々も十分に楽しむことができる投資なのです。


先物取引は株と同じように投資ですから多少のリスクはありますが、リスク管理さえしていれば大きく損をすることもありません。


商品先物取引は楽しい投資です。


みなさまに商品先物取引を楽しんで頂くために、情報を提供していきたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。



商品先物取引の詳しい説明については、商品先物取引会社などのHPを見てもらえばよくわかります。


商品先物取引とは、「商品取引所法」により日本国内に設置された商品取引所の商品市場において行われる取引であり、受渡し時期と価格を現時点で決めて行うものです。


実際に商品の受渡しをしなくても反対売買することによって差金の授受で決済することもできますし、利益を得ようと投機的な投資も行なえます。


先物取引には大きな特徴があります。
それは総取引金額の5~10%程度の少額の資金(委託証拠金)を担保として取引を始めることが出来ること。総取引金額が先物取引を行なう時は、委託証拠金を預託すれば取引をはじめることができるのです。


商品取引所の相場はさまざまな要因で変動しており、しかも200万円であったものが230万円に上がったり、逆に180万円に下がったりします。

値上がりを予想し、10%の委託証拠金。20万で200万円分買付けると、230万円で転売すれば、20万が30万円の利益になります。

逆に180万円に値下がりしてしまったときに転売すると20万円の損失となります。



上記のように、少額の資金で大きな取引きが出来ますので、自分の思った通りの値動きをすれば、短期間で大きな利益をあげることも可能です。
もちろん、自分の思った逆の値動きをした場合、大きな損失を生じてしまう可能性も高いのです。





このような取引なので、やり方によっては商品先物取引は「ハイリスク・ハイリターン」の取引になってしまいます。


先物取引きをはじめる際には、商品先物取引のしくみ等を十分に理解した上で、責任によって行なう事が大切です。

取引きで損失が生じた場合は、自分自身がそれを負わなければならないのですから、その辺を十分にご考慮下さい。





商品先物取引を始めるには、資金を用意して、先物取引会社に口座を開設すれば取引が始められます。


取引の方法としては、ネット取引がおすすめです。


勉強がしれませんが、誰からも口出しされずに考え、ペースで投資するのが一番だと思います。


先物取引会社によって違うと思いますが、特に難しいことはありません。


先物取引会社のホームページから 資料を請求してみると良いと思います。


ALL先物比較というサイトで先物取引資料 を無料で一括請求できますので、ご利用されると便利です。



また、資金をいくら用意すれば良いのかが気になると思います。


先物取引の利点として、 少ない資金で大きな取引ができるということでしたよね。

先物取引の委託証拠金は、銘柄にもますが、大体数万~十数万 といったところです。



最低1枚分の委託証拠金があれば始められますが、それではおしまいです。



常勝なんて絶対に無理ですので、負けても 挽回できる分の資金は用意しておかなければなりません。銘柄にもよりますが、安いものを2枚建玉したとすると15万円くらいになります。


考えでは、その4倍くらい用意した方が良いと思います。あると余裕を持って投資ができます。

ギリギリではなく少し余裕を持った資金を用意するとよいでしょう。





商品先物取引はハイリスク・ハイリターンです。


リスク管理さえきちんとしていれば、決して大損をするものではありません。


先物取引で常勝など無理な話です。


いかに少なく負けるかが重要になってきます。

勝率は3~4割程度です。勝率3割でもプラスになるように持っていきます。


建玉で負けてしまうと挽回が困難になります。


利が乗ってくれば上記以上乗せてもいいと思いますが、それもほどほどにした方がいいでしょう。

全資金建玉などは論外です。

その時うまくいって大儲けしたとそのうち破産するでしょう。



損をするのはイヤだという気持ちはわかります。



挽回のチャンスはやってきますので、負け試合は早めに降参する勇気を持ちましょう。


目安としては、委託証拠金の半分マイナスになったら損切りすることにしています。



その後持ち直すこともありますが、損切って良かったと思うことの方が多いです。


儲からないとこに投資してても仕方ありません。


早めに諦めてその資金を儲かる方に投資した方が賢明だと思います。



取り返しのつかないことになりかねないので、やめておきましょう。


このくらいを守っていれば大損することは思います。



やってみると良いと思います。


商品先物で儲けたければ、次のページを参考にして下さい。

ページを見るだけでも商品先物の勉強になりますよ。




商品先物に関しては、次の方も紹介しています。
商品先物相場に挑戦
孤独な商品先物相場を楽しみたい
相場コラム
趣味として商品先物取引を楽しむ
起業☆社長の商品先物デートレ日記とハワイへの道
株(商品先物)とムシ日記
株式・225先物・商品先物役に立つサイト・ブログはどれか?徹底比較検証!
商品先物取引で『さくら』咲く
先物道中記
中年専業の独り言
株(商品先物)とムシ日記
スポンサーサイト
[ 2006/10/13 18:10 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/14-a82f0e4a





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。