スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

賢いポートフェリオの作り方。 

投資家が保有している様々な銘柄の組み合わせのことをポートフェリオと言います。

ポートフェリオによって、ハイリスク・ハイリターンだったり、ローリスク・ローリターンだったりします。



そんなポートフェリオについて詳しく紹介しているページを紹介します。

現代において資産運用にはさまざまな方法が確立しています。


国債、外貨預金、先物取引、不動産投資、投資信託、FXなど国内国外を問わずに自由に選択することが可能です。

銀行による利子が機能しない今、少しでも資産を増やそうと投資に目を向けるということは活性化にも繋がるため好ましい傾向にあると思います。


投資の中には、金取引があります。



金とはゴールドのことです。



何故今、金取引が注目されているのかについてお話ししましょう。


金は株価や国債などとは違い形のある、あるいは実体があるという現物です。


急激なインフレーションによる暴落などの影響を受ける心配がないため、金取引は投資を行うことが出来るのです。


投資である以上ある程度のリスクは伴いますが、金取引は長い目で見ても価値(価格)は安定しております。

インフレーションによりお金の価値が低くなれば、相対的に金は価値が上がっていきます。



世界情勢が不安定になれば、金取引は利益を生み出しやすくなるのです。
金取引は社会情勢の悪化により利益が増える性質があります。



そこで、株価や債券に対するリスクヘッジとしてポートフェリオに金取引を組み込む手法をベターとしています。

そう。安定している金をポートフェリオの中に入れ、為替変動。世界情勢の変動による暴落のリスクヘッジするのは、きわめて有効です。

また、債券は社会情勢が悪化すると下降しますが金取引では上昇するため相殺する仕組みとなっています。

金取引においては金そのものに価値があるためデフレーションにより価値が下降したとしても破綻に陥ることを避けることも出来ます。



そのようなポートフェリオの銘柄について詳しく紹介しているページは、こちらです。




ポートフェリオについて、次の方も紹介しています。
Derby Position
ハラハラ!しゅうのとうし奮闘記
株で一儲け♪
噂と秘密
浦和レッズファンの投資日記
偽モバイラーのケチケチPC生活
ドリフト?デイトレ? 通称ドクロの徒然日記
スポンサーサイト
[ 2006/10/16 15:02 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(2)

招き猫さま。コメントありがとうございます。

招き猫さま。
コメントありがとうございます。


これからも宜しくお願いします。
[ 2006/10/17 09:47 ] [ 編集 ]

TBありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2006/10/17 01:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/16-d4f4b46c





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。