スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

通貨で稼ぐ! 

通貨とは略称で、国家などによって価値を保証された、決済のための価値交換単位です。
貨幣とは現金通貨のみを示します。



だから何?って言う人は下のページをご覧下さい。


通貨は現金通貨に銀行などに預けられている普通預金・当座預金(手形・小切手)などの流動性の高い預金通貨、流動性が落ちる定期預金や外貨預金などの準通貨を含みます。

現金通貨は、一般に「お金」「金」と呼ばれています。
(但し、「お金持ち」などのように資産全体を指す用法も存在する)。




国際通貨は世界の中で役割を果たす通貨であるキーカレンシー(基軸通貨)は現在はUSドルが主流です。

国際市場で国際通貨など通貨との自由な交換が可能な通貨の事をハードカレンシーと言う。

通貨がハードカレンシーであるための条件として、国際的に信用があること、国際的な銀行における取引が可能なこと、あらゆる場所での換金が可能なことなどがあげられる。主なハードカレンシーは上から順に、USドル、ユーロ、円、UKポンド、スイス・フラン、カナダドル、スウェーデン・クローナなどがある。ペッグ制のシンガポールドル(USドル、ユーロ、円などの複合通貨のペッグ制)、香港ドル(米ドルペッグ制)を入れて3つ。ユーロ、円を指して世界三大通貨と呼ぶ。


米ドル、ユーロ(こういうお金を「法定通貨」という)などとは違うお金です。


法定通貨とは別には地域通貨と言うものもあります。

たとえばイサカアワーは、ポール・グローヴァーという市民が作り出したもので、今では商店で使える立派なお金として市内では流通しています。


私たち一般市民が勝手に千円札を刷ることはできませんが、地域通貨なら自分たちが必要だと思ったときにを作ることはできるのです。

そのために、地域内での取引がスムーズに出来るように地域通貨を作ることが出来ます。


カナダでLETS(Local Exchange Trading System)という地域通貨のシステムを考えたマイケルリントンは、LETSマニュアルでこれを、「インチが足りないために仕事のできない大工さんを想像できますか?(Imagine a carpenter not working because he has run out of inches!)」と表現していますが、地域で流通するお金が足りなくなったときに、地域で通用するお金を回すことで、地域経済を経済から自立させることができるわけです。





法定通貨と違い、地域通貨は国の中でも限られた範囲でしか使えません。


一見デメリットのように見えます。


地域通貨の中には全国で使える種類のものもあります(例:「WAT清算システム」)が、基本的には市町村、県などといった地域でしか使えないものと思ってください(もちろんこの地域は、行政区域と重なる必要はありません。たとえば、小田急沿線の経済的結びつきを強めようと思う場合は、その地域を小田急沿線としてもかまわないわけです)。

法定通貨を借りる場合は利子がつくけど、地域通貨を使っても利子は付けません。

普通私たちがお金を借りたら、利子をつけて返さないといけません。

地域通貨には利子がつかないので、自転車操業に陥る心配がなくなるのです。


メリットですよね。


法定通貨では貧富の差の拡大が起こってしまうが、地域通貨ではそのようなことがないです。


利子がないことによって社会が安定するのです。


法定通貨と異なり、地域に購買力を根付かせることができ、地域の活性化に役立ちます。


これこそが最大のメリットです。


船橋市でだけ通用する地域通貨があった場合、この通貨を手に入れた人は当然ながら船橋市内の店でこの通貨を使ってしまおうとします。


それだけ船橋市内にお金が残るわけで、例えば同じ本を買うにしても、八重洲や船橋市内で買うようになれば、それだけ船橋の商業が栄えるわけです。


商店街はショッピングモールやすが、そのような商店街を助けるのにも一役買うのです。





地域通貨をさまざまな人間が使うことで、主婦と老人、高校生と商店主など、普通は関係を持つことのないような人たちの間で新たな人間関係ができ、現代社会で失われている共同体を新たな形で作ることができます。



地域通貨によってさまざまな取引が行われますが、その中で能力について考え直し、それを伸ばす可能性が生まれます。


地域に子どもの世話をするのが好きなおばあちゃんがいたとしましょう。隣に共働きしている若夫婦が住んでいます。奥さんも働いているのですが、仕事が忙しく、毎日残業をこなさなければならところですが、保育園が夜間は面倒を見てくれないので困っています。



こういうときに地域通貨を導入することで、この忙しいお母さんはおばあちゃんに面倒を見てもらうことができます。



おばあちゃんにとって面倒を見ることは何でもないことかもしれませんが、実はそういうサービスを必要としている人は世の中にいるわけで、こういう見えないサービスや供給を地域通貨はうまく結び付けられるのです。



子育て経験豊富な老人の知恵や、パソコンを使える若い人の知識などがあります。


地域通貨を使うと、これがうまい形で社会の中で活かされるのです。


通貨について、詳しいことは、下のページをご覧下さい。




通貨については、次の方も紹介しています。
総合ショッピングモールWISH
SAKURA SHOP~ネットでお買い物
海外移住!金利生活!プチPTを目指せ!
FXトレードマスターになろう!
仕事時間にデイトレに励むサラリーマン
為替ブログ+趣味の付録
スポンサーサイト
[ 2006/10/16 15:14 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/18-1d232e0e





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。