スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ローリスクでハイリターン! 

ローリスク&ハイリターン
会社で働くサラリーマンにとって、今は思うように収入が望めない世の中です。
そこで、本業の他にサイドビジネスをお考えの方、空き時間を活用して気軽 に在宅ワークをしたい方、はたまた本格的に独立・起業を目指す方まで、様々な方々がより多くの収入を求めて、株式投資などを初められています。



あなたも、ローリスクでハイリターンの株式投資を初めてみませんか?




「よく、ファンドを指すとき、これはハイリスク・ハイリターンだとか、ローリスク・ローリターンだとかいうじゃないですか。
そもそも、このリスクってなんですか?」



「リスクとは、ズバリ不確定要素のこと。
将来、どうなるかわからないってことが、リスクなんです。

そしてリスク許容度とは、その不確定要素をどれだけ受け入れることができるのか、またはできないのかというレベル。

たとえば、絶対元本割れしないと保証されたものは、不確定要素がないからリスクは限りなくゼロに近い。大儲けする要素も大損する要素も極めて少ないから、ローリスク・ローリターンといいます。

しかし、元本割れするかもしれないけど、これ以上は下がらないといった範囲内での不確定さなら、やや高いリスクかなという程度。
言わば、ミドルリスク・ミドルリターンといえるでしょう。

対して、元本割れどころかゼロになるかもしれないけど、当たれば大儲けなんて場合は、リスクは極めて高い。
これが、ハイリスク・ハイリターンです」



「リターンとリスクは、正比例。
リターンが高いのに、リスクが低いなんて、虫のいい話はないんだな。

リターンが高ければリスクも低い。
世の中、そんなに甘くないってことですね」



「投資信託には、どんなリスクがあるのですか?」



「まずは元本保証じゃないこと。
そして、確定利回りでもないことですね。

あとは、あまりないのですが強制償還になること。
解約などが相次いで純資産総額が小さくなりすぎてしまうと、それを運用しても効果が期待できないことになります。
そうなると、運用会社のほうから強制的に運用をストップされてしまうのです。
一般的には、10億円以下のものには注意すべきといいますね」



「強制償還は、ほんとうにヒドイ話じゃ。
んー、やはりワシは、投資信託より株式じゃなー」





危ないことはイヤ!という人のためのローリスク投資とは?


今、個人投資家が増えました.
一方で「株はやらない」という人も意外と多いと思います.

株はリスクの高い金融商品です.
本元が0円になってしまうことは,めずらしいことではありません.



株取引といえば,もっぱら「超短期投資」ばかりが取り上げられるので,それが原因だと思われます.

しかし株式投資には中長期投資というスタイルがあるので,そこまで時間をとられないで済むやり方もあるのですが,いずれにしても,数千銘柄の中からほしいものをチェックしたり,株取引独特の用語を覚えたりというのは,大変です.



「寝かせて増やす」が理想の慎重派



ゼロ金利が解除されたとはいえ,預貯金の金利はあまりにも低い,でも株には踏み切れない,という慎重派の人にとって,「貯金」や「株式投資」は魅力的には映らないでしょう.



しかし元本保証じゃないと,という人も,少しだけ冒険したいというリスクに応じたものを選ぶことができます.



例えば,個人向け国債は変動金利で元本保証です(固定金利も販売されています).


ゼロ金利が解除されましたが,これから金利が上がっていったと連動して上がります.米ドル建てMMFの場合,年利4.557%のうえ,100ドルから解約可能です.


為替変動リスクがありますが,魅力的な商品といえるでしょう.


投資信託はバラエティに富んでいます.



「株には投資しない」というファンドがありますし,日本以外の株に投資するファンドや不動産ファンドもあります.


「自分で株をやってみたがうまくいかなかった」という投資信託ならタイミングも頼もしい「プロ」がやってくれます.


株取引と違い,1万円からOKというファンドが数多くあるのも魅力です.



ローリスク投資については、次のページをご覧下さい。




ローリスクについては、次の方も紹介しています。
株式投資とギャンブル
1億円! いただいちゃう?
ドロップシッピングNEWS
スポンサーサイト
[ 2006/10/16 15:16 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/19-0cc475a8





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。