スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

不動産。不労所得の第一歩! 

不動産投資は、「お金持ちがするもの」と思っていませんか?

あるいは、不動産投資は「リターンも多いけどリスクも高くて・・・」と思っていませんか?

そんなあなたに、まずは「不動産投資」をキチンと理解することから始めましょう。



儲かる不動産投資。不労所得に興味のある人は下のページへ。




不動産投資」とは不動産の物件を購入し、購入した物件を他人に賃貸したり売却することによって収益を得る投資です。


今までの不動産投資は不動産の値上がりを期待し。値上がり後に売却して利益を得る。
売却利益(キャピタルゲイン)を期待する投資が主流でした。


しかし今は、不動産価格の値上がりがあまり期待できなくなり、マンションなどを賃貸して得られる家賃収入つまり運用利益(インカムゲイン)を期待する不動産投資が主流です。



デフレ不況やペイオフ解禁、高齢化社会への急速な移行の中でアテに出来ない年金制度、定年退職後の長いセカンドライフ、将来に対する不安がつのりますよね。


不動産投資は高利回りが期待でき、サラリーマンの方にも無理なく始められる資産運用です。


とはいえ、不動産投資に限らず資産運用は自己責任が原則です。


投資は、さまざまな不確実要素があります。
それは、不動産投資でも一緒で、不動産投資を始める前に「さまざまな不確実なこと」を想定し、将来ダメージを受けたとしても受け入れられるものを「自分で」「選択し」「納得する」ことが重要になります。



不動産投資は安全性が高く、長期に渡って安定した収入が確保できる資産運用です。
小額から始めることができ、節税効果や相続税対策として、次のようなメリットがあります。


・ 私的年金

公的年金と貯蓄だけでは長い老後の生活は不安がつのります。
投資用マンションを購入して定年までにローンを完済させておけば、老後に支給される公的年金にプラスして、安定した賃貸(家賃)収入を得ることが出来ます。

また、投資用マンションをローンで購入すると団体信用生命保険に加入することになります。

ローン返済中に死亡したり団体信用生命保険が適用されローンの残債は保険から支払われます。
残されたご家族にはマンションが月々安定した家賃収入を受け取ることが出来ますし、売却してまとまったお金を手にすることも可能です。



・ 節税効果

不動産投資では家賃収入は不動産所得として給与所得等とは申告します。

その際、建物の減価償却費やローン金利、さらに固定資産税などの必要経費が認められ、それらを家賃収入から差し引き赤字部分を損益通算として給与所得や事業税などの他の所得から差し引き所得税・住民税の節税をすることが出来ます。



・ 相続対策

相続の際、購入した投資用不動産は時価の現金や株式と違い評価額(概ね建物は取得価格の50%、土地部分は時価の80%で評価されます。)で決まります。

現在はデフレで不動産価格や家賃も低水準ですが、将来経済がインフレに転じた場合、預貯金などの貨幣価値が低下(目減り)し、投資物件の資産価値や上昇が考えられます。

預貯金の一部を運用に回すことでインフレヘッジになります。不動産を売却すれば多少のキャピタルゲインを見込める可能性もあります。





不動産“投資”と呼ばれるようにアパート・マンション投資にも利益を得るためにリスクが伴います。

不動産投資についてのリスクをご説明します。



アパート・マンションが常に満室で、入居者が退室してもすぐに次の入居者が見つかる、という保証はありません。


家賃滞納者が居ると回収するまでは空室と同じで家賃収入が無く、予定していた利回りを確保でなります。


入居者を確保するために賃料を下げる必要が出てくるかもしれません。


入居者の募集や建物の管理代行を、企業が請け負うスタイルが増えてきています。


老朽化と修繕年月が経つにつれ、建物の老朽化や陳腐化が進みますし、修繕の不安が出てきます。


入居者を確保するためにも常に最良の状態を維持していくための費用が必要ですので、「長期修繕計画」を必要があります。


売却損失(キャピタルロス)不動産価格が下落した場合は、取得した不動産を売却した場合に損をする、つまり恐れがあります。


低金利時にローンを組んで物件を購入した場合、ローン金利が上昇すると返済金額が投資物件の予定利回りが減少する可能性があります。



それでも、不動産投資は、資産投資の王道です。
是非、下のページで勉強してみましょう。

見るだけでも勉強になりますよ。




不動産については、次の方も紹介しています。
フクちゃんの素人不動産投資帝國
投資生活
乙訓(おとくに)のふどうさんやさん 山一不動産 ~長岡京市・向日市・大山崎町の不動産
徒然なるままに・・・
東葛飾総合研究所
好きです。川越 さいたま!。街の不動産屋さん日記
ザ・ハウス@不動産:新しい文化?
負け組脱出への道
不動産会社 賃貸ショップFC心斎橋店LifeOneグループ店長日記・Blog(ブログ)
スポンサーサイト
[ 2006/10/16 19:21 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/22-3fd3db71





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。