スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トレンドが大事。 

トレンドとは、上下動しながらも一定方向に向う動きのこと。動きについて使う言葉です。

トレンドには、上昇、もみあい、下降の3種類があります。


上昇トレンドとは、上下動しながらもすう勢的に上昇に向うこと。
もみあいとは、上下動しながらすう勢的に横ばいの動きになること。
下降トレンドとは、上下動しながらもすう勢的に下降する動きになること。

売買をする際には、短期売買の時には短期トレンドを、中長期投資の時には中長期トレンドを意識することが大切です。




トレンドで稼ぎたい人は、下のページへ。




株価の明確な「山」と「谷」が存在し、その「山」と「谷」の方向がトレンドを形成します。

「山」より次から次へと形成される「山」がどんどん高く(新高値更新)なっていけば上昇トレンドとなり、反対に最初の「谷」から次々と形成される「谷」がどんどん深く(新安値更新)なっていけば、下降トレンドとなります。

形成されると、その状態を維持しようとする力が加わり、その力が強ければ強いほど短期から中期、中期から長期へと続きます。



一つの単純な規則(トレンド・ライン)が生まれます。トレンドには、もう一つ横ばいというトレンドもあることを覚えておきましょう。



トレンドにそった取引方法を「トレンド・フォロー」といいます。

上昇トレンドの場合には買いから入り、下降トレンドの場合には売りから入る取引スタイルです。

トレンド・フォローは、マーケットから追い風を受けることになります。短期的な売買以外はトレンドに沿った取引をお薦めします。



ですが、このトレンドって何でしょうか。株価というものは基本的に上がったり下がったりします。


その動きをもっと大きな捉え方をしてみるとひとつ方向に動いている。


株はこのトレンドを把握するということが大切になってきます。


上昇トレンドはチャート的に見て山と谷を繰り返しながら上昇していくのですが、株価の谷(下げた時の安値)が株価の山(高値)を下回らずに上昇に転じるというのが特徴です。

下降トレンドでは上がったり下がったりを繰り返しながら下落していくのですが、その時株価の山(高値)が株価の谷(安値)を上回らずに下降に転じるというのが特徴です。



トレンドラインが破られないうちはトレンド継続と見ることができます。


また、トレンド(相場)が反転する可能性があります。



期間をどのくらい取るかによっていろいろなパターンのトレンドラインが引けます。


(短期のトレンドラインは破られてももっと長い期間のトレンドラインがサポート(レジスタンス)になるということも良く見られます。)

このトレンドの考え方は基本的なものですが知っておくと役に立つことの多いものです。

図のようにきれいにサポートやレジスタンスが描けないこともといって反転すると決まっているわけでは注意してください。


トレンドの途中で現れる『持ち合い』と呼ばれるものなどもあります。


トレンドがわかれば、株式投資の武器になります。
下のページを読んで、勉強しましょう。




トレンドについては、次の方も紹介しています。
業界底値
電脳@番頭::リターンズ
ルレーブの綺麗なものあれこれ
▲ツリーハウス▲オーナーの携帯オークション参戦!
名古屋・大須電波ニュース
招き猫の100万円からの中国株ワラント
NYANKOSTATION
携帯アフィリエイト・日経225先物・株・FXでお気楽・時間持ち人生!by アトム
お気楽人生!~株・ネット収入何でもいいから儲けちゃえ~
オバちゃんでもできる! 株式投資でお小遣い♪
KOUのカリスマトレーダーへの道
もうほっといてくれませんか?
株式市況&株式情報日記
初心者の株日記
ジャックの日記だよん
徒然 -愚痴・競馬・ゲーム・開発 他-
スポンサーサイト
[ 2006/10/19 17:37 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/25-84ebb994





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。