スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

稼ぐチラシとは。 

チラシとは、マスコミュニケーション(主に広告)の媒体として用いられる、一枚刷りの印刷物のこと。
ビラ、フライヤーともいう。



稼ぐチラシに興味のある方は、下のページもご覧下さい。



チラシは、主に印刷された情報を伝達する。
大量に印刷し配布されないと、その効果は薄い。
配布する。一般に撒くという。
チラシ、フライヤーこの行為自体を表している。具体的には次のような方法で配布される。
駅前、街頭などで配る 飲食店や旅行会社関係が多い個々の住宅、マンション、アパートなどの郵便入れに投函する。
風俗関連のチラシやビラ配布にこの方式が取られることが多く、トラブルともなっている。

店頭で商品(店頭個々の)と一緒に客に渡す。
商品とは特に関連性がない場合もある。

掲示する
チラシよりもビラと呼ばれることがある。

適当な分量を置く
人(ターゲット層)の多く集まる場所に置いておくことで、手にとってもらう。
ビラ(ピンクビラ)で公衆電話に張られる方式が取られることが多く、トラブルともなっている。

チラシ、ビラ、フライヤーの呼び名の使い分け、由来
呼び名については、年代によって変わる。

世代が進むにつれてビラ→チラシ→フライヤーと使い分けられているだけで、指すものが本質的に変わらない場合も多い。

街頭などで配布されるものでも、プラスチックの袋に入れることで、版のものも配られている。新聞折込チラシでは広げた場合、A1~A0判の大きさのものもある。片(ひら)、(日)擬態語びらびらから。
宣伝に用いられる場合、ビラと呼ばれることが多い。掲示を行うときはビラと呼ばれることがある。

近代において、飛行機やヘリコプターを用いて、空からチラシをばら撒いて配布する方法がとられていたことがあった。
そのため「飛ぶもの」をあらわす言葉が当てられたと思われる。
裁断やその他の装飾が施された厚い紙のチラシを指すことが多い。
ショップなどの宣伝に用いられる場合、フライヤーと呼ばれることが多い。片面だけしか印刷されていないものがある。
裏面は白紙なのでそれをメモ用紙として使用する人がいる。

自慢などのつまらない発言をした人に対して(「公には見せるな」という意味で)「チラシの裏にでも書いとけ」という揶揄めいた発言が返されることがあり(特有のAAと一緒に貼られることもある)、そういう発言が返ってくることを予想した者が自らの予防策としてHTMLのタグを模して<チラシの裏>(ここにつまらない発言を書く)などと書くこともある。

中には「チラシの裏」というテキストエディタソフトを作る者も現れた。
冊子の場合には、チラシとは呼ばずに、冊子(小冊子)、リーフレット、パンフレットなどと呼ばれる。
チラシとの明確な境界はない。新聞折込では広げた場合、A1~A0判の大きさのものでもチラシと呼ぶことが多い。
真面目な内容で皆様にお伝えしていきたいと思います。
効果ばかり言っても相手には伝わらない。

ある化粧品会社がお肌にうるおいを与える石鹸のチラシを作られました。

そのチラシに書いてあることは、「肌に潤いが戻る」や「使った瞬間に肌がスベスベする」、「入浴後もお肌はしっり」と書いてあるものの、他の石鹸との違いがそのチラシを見る限り書いてなかったそうです。

商品の効果ばかりがチラシにうたってあり、商品そのものの特性や特徴が説明されていなかったそうです。

消費者にとっては重要なです。特性や特徴ばかり並べてもただの作り手側の「こだわり」、「自己満足」的なチラシの傾向が強くなってしまいます。

一番重要なのはチラシにおいてキャッチコピーも商品そのものを伝えるだけではなく、消費者の方たちに消費者のわかる言葉で伝え、その言葉とうまく連動した写真を掲載するかということです。

我々も長年、商品撮影に携わって色々なクライアント様からのご意見を聞き検証したことがありますが、既に巷で使用されているものは人を入れない写真の方がレスポンスがよく、あまり馴染みのないものは具体的な使用例などの写真を掲載する方が広告物におけるレスポンスがよかったと言う結果がでているそうです。

それと、写真は具体的に写すことが重要です。
上記の例でいきますと、石鹸のパッケージや中身自体を撮るだけではなく、その商品の成分(例えば大豆からできているのであれば大豆そのもの)やきめ細かな泡立ちの石鹸であれば、実際に消費者の目線にたちよりイメージを沸き立たせやすいものでなければ、写真であっても素材にはなりえないということです。
リサイクルショップ屋さんが雑然とおかれていたソファーや家具をお店にこられたお客様に「イメージ」を沸き立たせやすい様、実際の部屋のように並べ替えたところ、その商品が売れていったと言う話を聞きました。

広告におけるデザインにも共通することです。
先程も申しましたように、いかにチラシの写真をみてお客様にその商品のイメージを沸き立たせ、その商品の特徴、それを購入したあとの効果を訴求できるかなのです。

一般的に消費者が雑誌広告(通販雑誌等)や膨大におり込まれるチラシを見ていくスピードは平均0.
消費者の目にとまる写真やキャッチコピーをつくりだせるかがチラシ全体をつくっていく中でキーにいきます。
よそがやっているのをただマネをしているだけでは確実にはじかれていきます。

その商品のよさ、うりを考えて、広告の制作に取り組んでみてはでしょうか。

「売れるチラシ」とは写真、デザイン、キャッチコピー等の素材とその基礎となるマーケティング、商品戦略がひとつ消費者にとって意味のあるものでなければいけません。
調査結果をもとに、参考事例として頂きましたが、上記のようなことを聞いたとき、つくり手側の私たちも再度、見直すべきことがように感じました。



儲けるチラシを知りたい方は、下のページへ

スポンサーサイト
[ 2006/10/20 20:15 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/33-7a9350ea





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。