スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

経営者さま限定。 

一体、「経営者」とは何をしなければならないのか?

顧客第一主義に徹するということは大前提。
それ以外に経営者として踏まえておかなければならないポイントがあります。



成功する経営者の第一歩は勉強です。



自社のビジョンや経営方針を決めるのは経営者しか決めれません。

自社が存続するためには“今日の売り上げ”が必要ですが、これは経営トップでなくてもできます。

“明日の売り上げ”をどうしていくのか、これを考えるのが経営トップなのです。
“今日の売り上げ”だけに専念しているのは「作業」をしているのであって、「経営」しているとは言えません。

自社が自分一人であっても、トップであるならば、我社の方向づけをしていく職務があります。

部下が100人いようが、トップでなければ、100人の部下を抱える実務担当者でしかないのです。
経営者は魚を取る漁師であってはいけません。魚がどこにいるのかを見極める船長でなければならないのです。
中小企業の場合、この“今日の売り上げ”と“明日の売り上げ”をこなしてければなら状況に置かれていることを踏まえておかなければなりません。


企業の経営資源は、「情報」だと変わります。経営資源の中で「人」が大切なのです。
その企業の客に対する姿勢は経営者の従業員に対する姿勢として表れます。
従業員とどんな関係を作っていくのかが企業の発展のポイントとなります。

従業員を一人の自立した人間として、我社と私(経営者)と共に育つものとして肥えていく。これこそが経営者の責務として考えています。

先程述べましたが、企業には永続的に存続・発展しなければならないという大命題があります。

会社は利益なくしては存続しえません。この利益の根源は売り上げであり、この売り上げは全てお客様からしかいただけません。

ピーター・ドラッガーは「製品など存在しない。存在するのは顧客だけである」と断言しています。

ここに、お客様が如何に満足してくれたか。
すなわち顧客満足度が重要となってくるのです。

経営の世界では、1+1=2ではありません。
この1+1を2.5にする。
この0.5が付加価値なのです。


商売において、儲かるか否かはかなり不確定なものです。しかし、その不確定な要因を確実にするのが、この付加価値なのです。誰が決めるのか?経営者ではありません。

付加価値を認めてもらう努力をするということなのです。商売となるのです。

お客の喜びは、逆に商売をしている側の喜びとなります。「経営」とはこの顧客満足度こそが命であり、顧客第一義主義(顧客第一主義ではない。第一があって、第ニもあるということではなく、唯一、顧客のみしかないという意味で第一義主義だと考えます)に徹することができるか否かに成否がかかっているのです。

経営者のひとりひとりが「人生」という大きな枠組みの中で、志(仕)事はもとより、家族や生活・地域での活動等を深く見つめること。
人間味あふれる経営者が集い、仕事だけにとどまらずに人間的な交流が図れる場があることを大切にしていきたいと考えます。


豊かさのキーワードとして『5Rich(5つの豊かさ)』(Physical Rich, Mind Rich, Money Rich, Time Rich, Friend(Family) Rich)=(健康・こころ・お金・時間・人間関係)があります。

経営者がバランスのとれた「豊かな人生」をひとりの人間となれば、「魅力あふれる経営」を実現する経営者として飛躍する事が出来ます。



成功する経営者は勉強しています。
あなたは、勉強されていますか?

まだまだ勉強中でしたら、まず。下のページをご覧になることから初めて下さい。

スポンサーサイト
[ 2006/10/22 22:00 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/35-14bb7662





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。