スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

採用される履歴書とは? 

人事担当者が皆さんと最初に接触するのは履歴書です。この履歴書・エントリーシートの第一印象によってあなたの評価が形成されるといっても過言ではありません。熱意のこもった内容の濃い履歴書・エントリーシートは書類選考をパスするだけでなく、面接時にはかなり有利な評価材料となります。面接がありこの面接の基礎資料が履歴書・エントリーシート(自己紹介書)なのです。




一次面接(若手人事担当者)、二次面接(人事部長クラス)、最終面接(役員クラス)などすべての面接に履歴書・エントリーシート(自己紹介書)が重要評価資料として使用されています。
文章が面接の評価に直結しているのです。何十倍という競争率の中で履歴書・エントリーシート(自己紹介書)の些細な記入ミスが合格、不合格の分かれ道になっています。
採用試験に何度も挑戦してはところで不合格になっている人は履歴書・エントリーシート(自己紹介書)を見直してみてください。われる中でも、企業はデキル人材をもとめています。
あなたは,いまの自分を語ることができますか?あなたの価値をどう判断してもらいますか? 履歴書は、あなたをセールスしてくれる「あなたの総合カタログ」なのです。
これから履歴書作りをおこなううえでのポイントを解説していきます。
履歴書=あなたという商品の資料 あなたは、映画を見るときどんな基準で見ますか?看板を見て,闇雲に見る人はまずいないでしょう。
映画批評やうわさや広告などで事前に下調べをしているはずです。 採用担当者にとって,履歴書はあなたを下調べするためのツールなのです。
2.自分自身を分析しよう コンセプトが明確に商品は,どんなジャンルにおいてもヒットしているもの。
便利さやメリットが明確であるほど,ユーザーへ魅力がダイレクトに伝わるのです。過去を整理する 自分の能力を口頭でアピールするより、これまでの経験をふまえ,その実績をもとにしたアピールの方が 説得力という点で効果を発揮します。
そのためにも、自分の職歴や実績をじっくりと整理して、 自分の価値を再点検してみましょう。社外で受けたセミナー等もふくめ, 様々な直しましょう。われる中でも、企業はデキル人材をもとめています。
あなたは,いまの自分を語ることができますか?あなたの価値をどう判断してもらいますか? 履歴書は、あなたをセールスしてくれる「あなたの総合カタログ」なのです。
これから履歴書作りをおこなううえでのポイントを解説していきます。
履歴書=あなたという商品の資料 あなたは、映画を見るときどんな基準で見ますか?看板を見て,闇雲に見る人はまずいないでしょう。
映画批評やうわさや広告などで事前に下調べをしているはずです。 採用担当者にとって,履歴書はあなたを下調べするためのツールなのです。 コンセプトが明確に商品は,どんなジャンルにおいてもヒットしているもの。
便利さやメリットが明確であるほど,ユーザーへ魅力がダイレクトに伝わるのです。過去を整理する 自分の能力を口頭でアピールするより、これまでの経験をふまえ,その実績をもとにしたアピールの方が 説得力という点で効果を発揮します。
そのためにも、自分の職歴や実績をじっくりと整理して、 自分の価値を再点検してみましょう。社外で受けたセミナー等もふくめ, 様々な直しましょう。

履歴書は手書きで熱意のこもった手書きをおすすめしたい。
履歴書に,経歴を凝縮するのは至難の技。文字が下手な人であっても,ボールペンではなく 万年筆で作成すれば比較的文字が丁寧に映えるので,面倒くさがらずに手書き作成しよう。フォーマットが自由といわれる職務経歴書は,ワープロやPCで作成して良いといわれている。
一生を左右する重要な書類だからこそ,修正液は使用しないでおこう。

3.写真はカラーで!裏側に氏名を書く 剥がれ落ちたときのことをかんがえて、氏名を書く。
ビジネスマナーとして服装にも気を使うこと。
動機はさける。
記入! 些細な書く。

6.控えを取って必ず保存 自分がどういったことを書いたか、面接前に見直そう。

履歴書の小さなスペースに自己PR。
スペースであるからこそ、 そこに個性が問われる。プレゼンテーションや自己主張が苦手な人でも簡単に作成できるPR術を伝授しよう。
あなたは,どんな業種にいましたか例
IT業界 2.どんな商品を取り扱いましたか 例
どんな形で仕事に関わりましたか例
企画から制作まで 5.仕事を通じてどんなことを感じましたか? 例
PR文にしてみると下記のような文章がラクに作成できる。

私は●●電気株式会社において、制作職として様々な経験を積んでまいりました。
近年は,企業WEBサイトの構築に携わり、食品業界をはじめとして様々なサイトをマーケティング手法を学ばせていただきました。仕事では,ディレクターとして、企画立案から制作進行のマネジメントを行い、お客様と制作現場の両方を統括しました。この経験を御社でも生かしたいと思います。御社の一員として,成長してまいりたいと思います。


スポンサーサイト
[ 2006/10/01 11:49 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/38-2931cf55





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。