スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Oracle上達法! 

Oracle 10gでは、データベース、ストレージ、アプリケーション・サーバーという3階層それぞれでグリッドを実現。情報資産、アプリケーションを統合し動作させることが可能です。Oracle 10gでは、Oracle Real Application Clusters、Oracle Application ServerのSOA基盤を進化させ、スケーラビリティ、可用性を実現します。




サーバーをクラスタに追加する毎に処理能力を向上させることが可能であり、100ノードを超えるク ラスタ環境まで実証ずみです。可用性では、データベース、ストレージ、アプリケーション・サーバーのすべての層で多重化を実現しており、単一障害点の無い構成を実現することが可能です。ソリューションを提供しており、システムのダウンタイムを最小限にします。
Oracle Database 10gでは、アプリケーションごとにサービスを定義することが可能であり、負荷に応じてワークロード管理を行ない、システムの稼働率を大幅に向上させます。
Oracle 10gは主要ハードウェアのすべてでアーキテクチャで動作します。最小限のシステム投資でパフォーマンスと信頼性を実現することが可能になるのです。
アプリケーション資産の統合は、管理、セキュリティでメリットを実現し、活用を促進します。
グリッド・コンピューティングは、コンピュータ資源を透過的にアプリケーションへの最適な配置を実現し、企業資産をシステムとして統合します。そのためには、高いスケーラビリティや可用性、セキュリティを実現し、集中的なプロビジョニングが求められます。
Oracle 10g Release 2では、アプリケーションに障害などのイベントを自動通知するFast Application Notification(FAN)などOracle Data Guardの自動フェイルオーバー機能など進化した機能を搭載します。
Oracle Enterprise Manager 10g Grid Controlでは、「クラスタの構成」、「クローニングによるクラスタの追加」、「動的な構成の変更」、「アプリケーションの配置」、「ストレージの自動管理」など、必要な管理作業を集中的に行なうことが可能であり、グリッド全体を仮想化された1つのシステムとして管理できます。基幹システムは、アーキテクチャを持った信頼性の高いハードウェアに支えられてきました。
互換性の無い複数のアーキテクチャの採用によって、拡張性は制限され、管理コストが増大するという結果をもたらしました。グリッド・コンピューティングはハードウェアを組み合わせることによって、アーキテクチャ上にハードウェアを遙かに超えるスケーラビリティと可用性をもたらします。
Oracle 10gはおり、ストレージ管理からデータベース、アプリケーション実行環境、システム監視までグリッド・コンピューティングを実現するために必要なすべてソフトウェア・スタックを提供しています。
そのためOracle 10gを利用することによって、普及したサーバー、ストレージ、ネットワーク、オペレーティング・システムを用いて、グリッド・コンピューティングを実現可能となるため、最小限のシステム投資でパフォーマンスと信頼性を実現することが可能になるのです。
自動化および最適化を必要とします。
Oracle 10gでは、管理者が日常業務として行なっている管理作業を自動化するための多数の機能を搭載しています。データベースの各種統計情報は、Automatic Database Diagnostic Monitor(ADDM)によって自動的に収集されます。Oracle Enterprise Manager 10gを使用することにより、「バックアップ・リカバリ」や「パッチの適用」も自動化されます。Automatic Storage Management(ASM)を使用すると、データベースやアプリケーション・サーバーだけでは管理までも自動化し、ストレージ・グリッドを実現します。
ASMでは、ストレージをストレージとして仮想化し、データのミラーリングやI/Oチューニングを自動的に行ないます。

グリッド・コンピューティングでは、強力なセキュリティと管理が求められます。
セキュリティ技術のリーダーとして長い歴史を持つオラクルは、「データベースの監査」から、「ポリシー・ベースのアクセス制御」、「システム全体での通信の暗号化」、さらに「ディレクトリ」や「シングル・サインオン」、「認証局」まで、グリッド・コンピューティングでシステム全般にわたる高いレベルのセキュリティ機能をOracle 10gで実現しています。
Oracle 10g Release 2では、このセキュリティ機能を進化させ、データベース内の情報の透過的な暗号化を実現するTransparent Data Encryptionなど、アプリケーションから容易に使用できる機能を提供し、セキュリティ機能の適用範囲を広げます。


Oracle 10gは、インストールから構成、データ・ロードおよび運用管理まですべての管理作業を軽減し、管理コストを半減できるよう設計されています。
管理作業が自動化され、システムの問題点と改善方法を自動的に管理者に提案します。Automatic Storage Management(ASM)が提供され、データベース・ ファイルの物理設計や管理作業を自動化し、I/Oのチューニングやディスクのミラーリングなどを自動的に行ないます。管理はOracle Enterprise Manager 10gから統合して実行することが可能であり、使いやすいGUIのユーザー・インタフェースで管理者の作業が大幅に軽減され、データベース設計やアプリケーション開発など、重要な作業により時間を割くことが可能になります。

Oracle Database Lite は、ノートパソコン などに最適化された軽量版の Oracle データベースを中心と統合フレームワークです。
Oracle Database Lite は、 Oracle Database と モバイル・ デバイス間での完全かつ確実なデータ同期を実現します。
業務システムとシームレスに連携するモバイル・アプリケーションの 素早い開発と容易な配置を支援するための機能が提供されているため、構築が可能です。管理性が大幅に向上Oracle Database Lite 10gでは基本設計を一新してシステム開発、アプリケーションの配布、管理が大幅に簡単になりました。
グリッド技術を利用したサーバー版のデータベース管理システムOracle Database 10gとの連携にも対応により、グリッド・コンピューティングをモバイルへ拡大します。


スポンサーサイト
[ 2006/10/01 14:55 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/43-efc6e1cc





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。