スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

満足の住まい。 

住まいとは疲れた心と体を休める所であり、人が毎日を暮らす上での拠り所となる場所です。
夕食で会話を楽しむ、子供の様子を料理をつくる、リビングでくつろぐ家族とのだんらんのひととき、お風呂に浸かって疲れをとる、音楽を聴く、楽器を演奏する、映画を来客を招いてホームパーティを開く等。




各々の暮らし方によって、各々に居心地の良い住まいがはずです。
自然環境を和らげ、自然を上手く取り込むあります。
四季の移り変わり、夏の暑さや冬の寒さを和らげ、雨や雪を防ぎ、光や風を適度に取り入れるよう工夫します。家は、各々の地域、自然環境に合った特徴を踏まえつつ、住まう人、各々の住まい方にあう居心地の良い場所となるものです。
住まいが街並の景観を形作るという住まいを街並みの風景のひとつとしてとらえたときにのか考えてみることが大切です。
各々の家が通りに面して樹木や植栽を植えることで、その通りは緑豊かな景観になるでしょうし、また、各々の家並みの屋根の形や外壁の色、素材が調和して建ち並ぶ姿は美しい街並みを形作ることでしょう。
街並みを散策することは、それだけで気分が良いものです。
街並の風景が美しければ、毎日が気持ちの良いものになりそうです。
その風景を自らの住まいが形作っている。
素敵なことかもしれません。住まいと健康には深い関わりがあります。
建材に含まれる化学物質が原因となって起こるシックハウス症候群が近年、大きな問題となりました。
法規制により、最近では建材メーカーの側で化学物質を用いないよう自主規制が進んでいますが、健康に害を及ぼす可能性の化学物質を含んだ建材は使わないようにし、できるだけ自然素材を用いるようにすることが望ましいといえるでしょう。室内の空気がよどまないよう、十分な換気計画を行い、風が抜けるよう通風を考えた窓の配置をしたり、日照条件を計画することで、健康を損ねる原因となる湿気やカビを防ぎ、室内環境を向上させることができます。

自然との共生
 都市におけるヒートアイランド現象が負荷を与えないようにすること、自然との共生が求められています。
冷房負荷を下げ、できるだけ自然による通風を活かしたり、雨水を貯めて水やりに使うこと等は比較的簡単に取り組むことができます。
積極的に活かす方法としては、太陽エネルギーによる自家発電や雨水貯留タンクによる生活用水への利用などがあります。屋上緑化は、ヒートアイランド対策として推奨されていますし、そこに住む人に室内の温度上昇を和らげることにつながるので、望ましいといえるでしょう。
晴れた日に屋上の芝生に寝転がってみたり、バーベキューをしてみたり、楽しみも広がりそうです。断熱

 近年、外断熱が注目されていますが、そもそも外断熱とはどういうものでどんなメリットがのでしょう。
建物では、鉄筋コンクリートの内側に断熱材を張る内断熱が主流でしたが、外断熱は外側に断熱材を張ることを指します。断熱材に覆われたコンクリートが蓄熱体となって、室温を一定に保つ働きがあります。このようなメリットの反面、躯体の外側に断熱材を張ることで外部の仕上材に制約があること、内断熱に比べると納まりなど施工が難しい為不具合となりやすいこと等があります。
日射を取り込んでしまうと温度が上がった状態のままになるので日射を上手く遮る工夫が必要です。高気密・高断熱住宅は、住宅の気密性を高めることで室温を一定に保てるというメリットがあります。
寒さの厳しい地域において用いられてきた手法で、寒さを和らげることがで省エネに配慮したものといえます。夏には室内の生活熱がこもりやすく、クーラーなどの冷房設備に頼る傾向が強くなります。
夜から朝方の涼しさを日中も保てるよう、日射の遮蔽と夜間の通風換気の工夫が必要です。高気密・高断熱住宅は、良い面もありますが、暑い時期に窓を開け放ち、自然の風を取り入れることで部屋を心地よく涼しくするといった、暑さをしのぐ日本の伝統的な住宅デザイン手法とは考え方が大きく異なるといえるでしょう。

日照

 冬の日照は部屋を暖かくしますが、夏の暑いときには、室温が上がり冷房が部屋になります。
日射を和らげるために屋根の軒を深くしたり、庇を設けるといった方法があります。
バイオリンなど楽器を演奏する場合は、ある程度防音処理を考えておいた方が望ましいでしょう。音を遮断し、室内の音をできるだけ外にもらさないようにするには、窓を遮音性の高い複層ガラスと気密性の高いサッシにする方法があります。
方法としては、床、壁、天井を二重にし、室(箱)の中にもうひとつの室(箱)を浮構造でつくるBox in Box工法があります。屋根にあたる雨音を和らげるには、選定に配慮することが必要です。
鋼板など避けた方がよいですが、場合は、下地材・天井材に防音効果の高い材料を用いるなど工夫が必要でしょう。ためには、カーペットなどのやわらかい床材を用いるとよいでしょう。

防犯

 近年、急増するピッキング被害など、防犯の問題に関心が高まっています。
方法は有効ですが、見通しを確保すること、エントランスや窓を通りから見える位置に設けるなど、プランニングの時点で配慮することで防犯性をある程度向上できます。
お互いが顔見知りであれば、不審者や見知らぬ人がいると目立つものです。
お互いが顔見知りであることは、防犯の面でも有利であるといえます。

快適な住まいとは

部屋には役割があります。
体を清潔にするための浴室、洗面所。
休養をとるための寝室、子供部屋、納戸、玄関、トイレですが、生活様式は皆違います。
寝室に本箱を置いてもいいわけです。
ニーズに応じた物の配置、最初の考え方が肝心です。
段階でこんなところに気を配ると住まいとしてはいいのでは。
高温多湿の多湿が解消され、夏でも過しやすくなります。
合わせた開口や暖められた空気が上昇するのを利用して高低差をつけた開口を設けるなどして、通風がきっちりと取れる設計をする。


風通しがよければ、室内換気が図られる健康住宅や冷房の負荷のかからない住まいとなります。
直射日光は有効に利用します。
四季を通じて高度(角度)が変わることを考慮して庇を設ければ夏の日差しを遮り、日差しは取り入れ、外壁を雨から守ります。


直射日光による暑さを防ぎ、冬の暖かさを確保する有効な装置となります。
設け、夏の地中の冷たさや温かさを貯めておけば冷暖房負荷が少なくてすみます。
工夫として、落葉樹を植えることで夏には葉が生い茂り木陰をつくるので、温度上昇を抑えます。


冬にはますし、春と秋はちょうどその中間で適度な太陽光をもたらします。



他にも、簾や暮らしの工夫です。
庇の先端あたりに簾を吊るせるように設計しておくだけで外壁との間が空き、風が通りやすくなってより効果が上がります。
自然エネルギーを積極的に利用することで、健康的な住まいの効果が得られます。
何よりもの効果は、暮らしが楽しいことにつきます。
楽しみとは、住まいでの暮らしが楽しいこともありますが、それに関連

して日々の暮らしには、それにも増していろいろな衣食住にからむ楽しみが沢山あると思います。

一つは住まいを作る楽しみです。
快適な住まいづくりそしてエンジョイライフ!!



スポンサーサイト
[ 2006/10/01 14:57 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/46-169debb4





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。