スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

化学を極める。 

化学とはどんな学問なのでしょうかとおり「化ける」ことを追求していく学問です。気がしますが、 「変化」は身のまわりで日常的に起こっている現象です。水を冷凍庫に入れておくと凍りに鉄くぎを放置しておくとサビができる、 パンをトーストするとこんがりキツネ色になる・・・などなど。プロパンガスが酸素と結合して「燃焼する」という変化なのです。いくときに、「もの」が何からできているのかを追求していく必要があります。
構造を追求していきます。 鉄がサビるのもサビがパンがキツネ色にもとは追求していきます。追求していく学問でものです。





無機化学化学の一分野で、有機化学と相補的な関係にある。
有機化学が化合物を中心として発展してきたのに対して、無機化学は天然鉱物を中心として発展してきた。対象と元素で分類すれば、有機化学は炭素化合物を対象と学問体系であり、無機化学は炭素を除く元素を対象と学問体系であると言うことができる。炭素から構成されるフラーレンは無機化学の研究者が取り扱っており、また、炭素を含まない無機高分子化合物は有機化学の研究者が取り扱うなど、無機化学と有機化学の境界は曖昧になってきている。
農芸化学(agricultural chemistry)が我国に根づいたのは今から100年前のこと。
農芸化学は農業と密接に関係することがらを化学的に研究する学問として誕生しました。 その後、研究の対象を農産物に限ることなく、あらゆる生物とその生産物にまで拡げ、一つの幅広い自然科学の体系化を志向した結果、見ないユニークな途をたどりました。
現在では、バイオサイエンス(生命科学)・バイオテクノロジー(生命工学)を看板に食糧・環境科学をも含む総合科学として、その存在を広く内外に示しうるまでに成長したのです。脱皮・変態を調節している前胸腺刺激ホルモンは長いあいだ化学構造が不明でした。
微量タンパク質の精製、アミノ酸配列分析および遺伝子解析、糖鎖構造解析の技術を駆使してようやく構造が確定しました。写真はカイコがさなぎから成虫に変態しているところです。微量なホルモンが一生を支配していることが明らかになりつつあり、害虫防除に応用されることが期待されています。

臨床化学とは、“臨床”という実践に立脚した学問領域です。
臨床の場において、分析技術を土台に据えた化学検査を医療に提供する実務サービスとともに、病因・病態の解明や治療・予防に寄与することをめざしています。臨床化学は、学術的な側面から実践的な側面、分析化学から臨床 医学までを広く包括し、これを支える多くの学問領域と接しています。この分野には、臨床系各科、産業系研究機関など多岐にわたる研究者、実務家の方々が関わっています。
「専門は?」と聞かれ、私は即座に「理論化学」と答える。
しばしば答えに詰まってしまう。化学と言ったら、試験管を振ってさまざまな色の物質を作るというイメージが強いから、「コンピュータの中で試験管を振っているんだ」と答えておく場合もある。コンピュータの中で得体の知れない生命体を育てる御時勢だから、試験管を振る人がいてもいいかとこの答えは受け入れられる。この答えは厳密にはない。コンピュータの中で試験管を振るという行為は、単なる計算機を使った実験(計算機実験)に過ぎない。計算をしなければデータは出ないが、計算に至るまでの過程と計算結果を解釈する過程が本来重要である。量子化学を計算化学と理論化学に区別する風潮がある。
先日も計算化学・理論化学討論会なる学会が開かれ、一応我々のグループは理論化学で登録した。それぞれに対して、計算屋・理論屋という言い方がされる場合があるが、どちらもあまり良い意味ではない。計算屋とは、計算のみを行うという人達を指し、理論屋とは、確かに開発を目指しているのだが、現象しか扱わない人達を指す。実験化学者と話をしても、自分達の理論の価値をどうせわかってもらえないし、無理な要求ばかりをするという理論屋がいる。
原子でのみうまくいく理論。
2原子分子でのみうまくいく理論。1体近似の枠組みで成り立つ理論。基底状態に対してのみ成り立つ理論。フィールドでは重要な意味を持つし、奇麗な理論であることも多い。対象を限定しなくても、複雑な理論が生まれるはずである。自然は美しいのだから。近視眼的になれとない。背景を基に、現象を見方で見なさいというのである。励起準位に関する研究で一般則が導かれた時は、私自身驚きと自然の美しさを喜びでいっぱいだった。この喜びこそが理論化学という化学をやっていこうとする原動力になっているように思う。
基礎に立ち返らないと応用はない。殻を破るチャンスだと思う。重要性には、かなり差がある。色眼鏡をかけて、重要な効果をうまく取り込むよう努力すべきである。私としては、対象を限定した厳密解よりも、有用性があって正確な近似解を与える方法を取りたい。分子軌道法は、その誕生期に厳密解が得られるかということはわかっていた。それが、完全基底におけるFull-CI計算である。風呂敷を広げれば、地球でも包み込めるというのと同じである。原理的に可能、実際上は不可能ということである。
結局、私自身が考える理論化学とは、化学のあらゆる分野で基礎となる原理や概念を理論的な手法を用いて導こうという学問である。
化学も同様ではないだろうか。我々は、方法論の開発を縦糸に、概念の構築を横糸に用いて、理論化学という織物をおろうとしているのである。縦糸を用いる計算屋でも、縦糸にしか興味をもたず横糸のことを考えていない理論屋であっては駄目なのである。織物は、その織物に合った縦糸を作るところから始まり、丹念にでき上がりの模様を考えながら横糸を織っていく必要がある。「その内容は?」と聞かれたら、「コンピュータの中で試験管を振れるように道具を揃え、その試験管の中でさまざまに呈する色から自然法則を導こうとしているんだ」と答えることにしよう。



スポンサーサイト
[ 2006/10/01 14:59 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/49-8b0fd1d1





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。