スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高収入資格取得。 

資格取得に取り組むということは、チャレンジ精神や忍耐力を育むだけでは ありません。合格でき なかったとしても、学習プロセスの中で得た知識は、必ず自分自身のかけがえ のない財産となります。




資格取得試験に合格することは、スキルの証となり、就職の際に威力を発揮する ことは言うもでもありません。
入社後も資格取得手当などの給与面での待遇 措置や、社内でのキャリアアップにつながるなどのメリットが期待できます。商学部や経営学部をはじめとする大学進学希望者に特定の 資格取得が推薦のための出願条件となったり、人物や能力評価の基準に りするなど特典があります。


資格取得には、国が法令に基づき実施する「国家資格」、公的機関と呼ばれている 財団法人や社団法人が試験を行い、主管の各省庁や大臣、あるいは 商工会議所が 認定する「公的資格」、各種団体や民間企業が試験を行う「民間資格」の3種類に 分類できます。
商業高校では、全国商業高等学校協会(全商)が主催する検定試験が一般的で、 この検定は学習指導要領の内容に準拠して出題されており、下にあげたような 検定試験があります。


転職やキャリアアップを考える際、勉強して資格取得することが有効な手段であることは間違いないと思います。
資格取得さえすれば、それだけで全てうまくいくのかといえば、そんな単純なものじゃないということになります。
資格取得はそれぞれに資格としての特性と分野をもっています。
資格取得とは、分野で力を発揮するものなのです。
極端な例ですが、調理師免許を持っていても、IT関係の仕事に就こうと思ったら役に立ちません。
独立する気も会社でキャリアアップを目指すという人が行政書士という資格の選択をしたのでは、あまり有効とはしれません。

上の例で、調理師免許の場合は資格の分野の違いによる問題。
行政書士の場合は、行政書士という資格の持つ特性によるものです。資格の特性や分野を把握した上で、どの資格を取得するかを判断しなければいけません。


一番陥りやすいのが『まず、資格取得ありき』というパターン『なにか、資格取得でも・・・・』という言葉に代表される、まず資格取得があって(取って)それから仕事を考える。
あまり良い方法とはいえません。実際には見かけますよね。
あなたや、周りの人も使ってません?
『なにか資格でも取ろうかな~』
心当たりがある人もいると思います。
ときは構いません。
資格取得の勉強を始める時には『なぜその資格取得を取るのか』をその資格取得の特性と分野を理解したうえで、自分の中ではっきりさせて臨んでほしいと思います。


資格取得は万能ではないでお話したとおり、資格取得は目的も無くただ取れば良いというものではなく、漠然と『何か資格取得でも取って・・・』という資格取得へのアプローチはオススメできません。

では、実際に資格取得を考える時、どのようにすればよいのでしょうか。
ハッキリさせておきたいのが、
資格取得はあくまで手段でありツール』
だということ。
実際には資格取得がゴールになっている人が多いんです。

当サイトのコンテンツは資格取得の話をする前にキャリアの形成というコンテンツをもってきていますこれにはちゃんとした理由があって、まずここで、キャリアについて考え、自己理解を進めて『何をしたいのか』『自分には何が足りないのか』などを考えてほしいのです。
『就きたい仕事』に必要であったり、役に立つ資格や知識だから勉強するというのが姿です。
管理人『しん』はずいぶん前に『日商簿記3級』を取得しました。
この資格自体は、取り立てて言うような資格ではなく、取得したからといって就職に有利になったりするようなものでもありません。
この資格を取ったのか
『しん』は株式投資をしています。
投資対象の企業の業績などは簿記を使った財務諸表として公表されます。
そういったものを見たり検討したりするのに最低限の簿記の基礎知識は勉強しておいた方が良いだろう。
これが、『しん』が日商簿記3級を取得した理由です。
目的がハッキリしていれば、おのずと取得するべき資格、勉強して身に付けるべき知識もハッキリしてきます。
資格を取ろうかではなく、自分のキャリア形成について考えて、目的をハッキリさせてから取り組むようにしてください。


資格取得を学習する上でのポイントを見てみましょう。
資格取得しようと勉強する時には大きく分けて時期があります。
入門書を読んだり、基本テキストを通読したりしている時期がこれに当たります。どちらかというと、その資格取得を勉強していくための基礎学習といった意味合いが強いです。<展開期>実際にテキストなどで、資格試験に向けた勉強をしていく時期です。
精読、理解、確認などが主な目標となります。
<詰め・仕上げ期>試験に向け過去問題集や予想問題集などで問題を解いて試験対策、などの仕上げの時期です。
資格試験勉強では、『問題を多く解くことが1番の試験対策だ』というような言葉も聞きます。
正解で、大切なことですが、土台がしっかりしている上での話しです。
導入期は比重は少ないですし、詰め・仕上げ期の比重が高くなっています。
導入期、展開期の上でないと、詰めの問題演習をしても、理解ができなかったり、応用が効かなかったりということも起こりやすいです。

建物と一緒で、しっかりとした土台の上しっかりしたものは立ちません。
これが独学より、通信教育で勉強する方が言いといわれる理由の1つです。
初学者を対象としている講座の場合導入期⇒展開期⇒詰め・仕上げ期をカリキュラムとして、経験豊富なプロが用意してくれます。

資格取得しようと勉強するときは、基礎を大事に勉強していくことが大切で、順をと進めていく方が、時間がそうですが1番効率的といえるかもしれません。

スポンサーサイト
[ 2006/10/01 15:26 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/51-cd9a4614





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。