スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

面接必勝法! 

面接をすることが一般的です。履歴書や適性検査だけでは、その人自身はためです。採用面接を受ける上での一般的な注意点をあげます。




面接で見られているポイントは、主に「能力」「意欲」「適応性」の3つであるといわれます。
面接は印象をもってもらうようにこころがけましょう。技能や経験などがあるか。
未経験の職種に応募する場合には、技能や資格を身につけるために勉強したことや、自分の性格や能力を生かせそうなことなどを、具体的にアピールするとよいでしょう。

理解力・表現力は内容について、的確に答えるためには、下準備が必要です。
履歴書・職務経歴書に書いた内容や、その他尋ねられそうな内容については、答えを用意しておきましょう。早口になるくせがある人は、普段よりもゆっくりと話すようにこころがけてみましょう。
印象になりますし、考えをまとめながら話すことができます。

「意欲」について

志望理由はその会社、その職種を志望したのかという理由について、自分の言葉でアピールしましょう。
経験の中での具体的なエピソードなどもまじえて話をするとよいでしょう。気は「やる気がある」という印象をもってもらうためには、メッセージ(姿勢・表情・声の調子・服装など)も重要です。
背筋を伸ばしたきちんとした姿勢、明るい表情、適切な音量ではっきりした声をこころがけましょう。
清潔感のある服装や髪型をするようにしましょう。人付き合いが悪く無愛想な人や、他人の意見を聞かない横柄な人は、チームワークを組んで仕事をしていく上で、適さないと思われることがあります。
い人という印象をもってもらうためにも、言葉だけでなく、身だしなみや表情などが重要です。
場合には、この先、長期にわたって働けるのかどうかもチェックされています。


面接担当者と目を合わさない「面接中、ほとんど目を合わさず、ずっと下を向いて話していた人。顧客とのコミュニケーションが取れないのでは…と不安を感じ、不採用」「目を見て話さない人は、うそをついているような印象を受け、信用できない」
●笑顔がなく、ふてくされているように見える「緊張しているせいなのか、表情がふてくされているように見えた。取引先に不快感を与えるのを恐れ、不採用にした。笑顔を見せてくれていれば、印象が変わったかもしれないが」
●明らかにオドオドしている「緊張するのは仕方ないが、あまりにもオドオドした態度はマイナス印象」
●いかにも「余裕がある」と言げな態度「いかにも余裕のあるような態度を取る応募者がいるが、無理をしているのがバレバレ。こちらが恥ずかしくなる。初対面なのだから、多少緊張感を持った態度で臨んだ方が好印象」
●なれなれしい態度「私(人事担当者)が同世代だったからか、常になれなれしい態度で接してきた人がいた。節度を守る感覚は大切」
●座り方がだらしない「最初はまっすぐ座っているのに、話しているうちに椅子にもたれかかったり、体が傾いてきたり、中には足を組み出す人も。無意識のうちに普段のクセが出ているようだが、かなり印象が悪い」
●こちらの話を遮るように話し始める「こちらの話を最後まで聞かず、話の腰を折るような形で発言する人がいる。職場に入って同じことをすると、指示が徹底できない不安があるので不採用にしている」
面接中に態度が豹変「面接中、ちょっと厳しい質問をしたら、返答に詰まった。そして、その後の受け答えが明らかにうっとうしそうな態度に変わったとき、『これではダメだ』と感じた」
●「ヨイショ」が上手過ぎる「当社や私(人事担当者)のことを、とても上手にヨイショする人がいた。その時は気分が良かったが、自分含め周りの人間が丸め込まれそうな不安に駆られ、不採用にした」
●「採用されて当然」という態度「確かにキャリアは優れているが『採用されて当然』という態度が見えて不快に感じた。謙虚さがない」


スポンサーサイト
[ 2006/10/01 15:29 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/56-a86d3770





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。