スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

入学したら。 

出願時に各大学が要求する英語力の基準をクリアしていなくても、学力やその他の条件が大学から合格内定を得ることができるのが「条件付き入学」です。日本で入学手続きを終えて出発できるので、留学後は安心して英語力上達のための勉強に専念できます。大学入学に向けて英語の勉強をする方法として、留学先の英語コースで勉強する「現地準備型」と、日本で英語の勉強を続ける「日本準備型」から選択できます。




英検2級レベルの高校生がアメリカ2年制大学を目指した場合、「現地準備型」での英語コースの平均在籍期間は4ヵ月と言われていますので、集中的に留学先の英語コースで勉強をしたいという人にはこちらがおすすめです。
秋に「条件付き入学」で出願し、アメリカの2年制大学や4年制大学から合格内定をもらっておけば、日本の大学へ進学するクラスメートと同じように高校卒業前に進学先を決定できるため、英語の勉強は勉強にも打ち込めてご家族も安心です。国でも、ファウンデーションコースや大学で、条件付き入学を認めている学校もあります。
詳細に関しましては、カウンセラーまでお気軽にお問い合わせください。3年次(2年次)に、入学する制度です。
主に、編入学の対象となるのは、勉強をしたい高専5年生、短大生、社会人 やりたい研究テーマの大学に入りたい大学生(2年生が多い) 等です。 行われているようですが、このホームページでは話題を理・工学部への編入に絞ります。 3年次への編入なので、基礎科目ではなく専門科目をより深く学ぶことができます。 高専生が編入した場合、大学院まで進むケースが多いようです。感じも・・

条件付き入学とは、英語力以外の入学条件を満たしている学生が、提携する英語学校のダイレクトエントリーコースやファウンデーションプログラムを受講し、規定の英語力を身につけることを条件に、入学を許可するシステムです。
段階で英語習得に集中出来る点がメリットといえるでしょう。
検定英語試験による英語力証明や、進学を希望する教育機関が指定したコース(ダイレクトエントリーやファウンデーション)を、規定の成績を修めた上で終了することも、一つの証明となります。テストをパスすることで、英語力の証明と見なす場合もあります。


スポンサーサイト
[ 2006/10/01 15:32 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/59-4a1464e6





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。