スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無事卒業出来た(^0^) 

学校を卒業する事は、上級学校への入学や就職の条件になっていたり、資格を得るために必要な事がある。卒業という語が用いられるのは、学校の主要課程である本科に対してのみである。卒業の他に「修了」という用語があるが、修了は課程において使用される語である。 学校を、修了せずに去る事は、「卒業」ではなく、理由に応じて「退学(中退)」や「除籍」と呼ばれる。
卒業を記念して行われる行事として、卒業式がある。





卒業は、それまで生活をともにしてきた友人達との別れを意味するため、悲しみとともに語られる事が多い。
節目としての意味合いもある。 (卒業に際しての心理などは、「卒業式#卒業生の心理」も参照のこと)


学校により、卒業をすると学士、修士、博士、専門職学位、短期大学士、準学士、専門士、高度専門士など、法令で規定されている学位また称号が授与される。
学部〔学部以外の教育研究上の基本となる組織を含む〕を卒業すると学士の学位、短期大学を卒業すると短期大学士の学位が授与される。大学院を卒業すると課程と条件に応じて、修士の学位、博士の学位、専門職学位が授与される。 高等専門学校を卒業すると、称号が付与される。 専修学校の専門課程(専門学校)のうち一定の要件を満たす課程を卒業すると専門士また称号が付与される。
卒業で与えられる、学位と称号に関しての詳細は「学位」もしくは、それぞれのページを参照のこと)
卒業を条件とする資格としては、医師国家試験、司法試験、教育職員免許状などが有名である。
ように、国家資格や資格試験においては、既定の学校・学部の卒業や、卒業した後の実務経験を受験の前提条件としたり、卒業した者は試験科目の一部を免除する事が行われている。学校を去る意味から転じて、何かから足を洗う事を比喩的に「卒業する」という(例:煙草を卒業する)。
他にも、アイドルユニットなどからメンバーが脱退する際や、町内会や商工会等の組織で加齢や結婚に伴い、例えば、壮年(婦人)部から老人部にあがる際にも「卒業」と表現する事がある。

あなたは生活に満足していますか?部屋の中で何を感じて毎日を過ごしてすか?

僕は毎日いかわからない日々を過ごしていました。
ようもありません。
そんな毎日を僕は卒業することが出来ました。
引きこもりを卒業できたと思ったのは、最近です。
外に出てから5年いました。
そんな経験から言えることがあります。
卒業したほうがいいです。
後悔する必要も、悲しむ必要もありません。
「引きこもる」ことが必要だったのか?それは、自分のままで生きていくためです。

教育は、社会に適応するためのものです。
画一化を求めます。
癖がついてしまうのです。
きっかけを得られたとしても、すぐに居心地のいい場所に、戻ってしまうことがあります。

では、そんな毎日に終わりを告げることが出来る?そんな事をメルマガで配信してます。



スポンサーサイト
[ 2006/10/01 15:32 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/60-3a8e509a





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。