スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

キャバクラで落とす! 

キャバクラとは、そこで会話を愉しみながら酒を呑む場所だ。クソ高い金を払いながらも、受けられるサービスといえば水割りを作ってくれるコトと、タバコに火をつけてくれるぐらいのもので、同額程度の料金で、より過激なサービスを受けられるセクキャバ(セクシーキャバクラ)やファッションヘルスのような、肉体の接触による性的なサービスは一切無い。酒と会話を愉しむ場所がキャバクラだ。そんな風に思う人は多いかもしれない。




キャバクラの良さが分からないような青臭いヒヨッ子から見れば、キャバクラに通う人々は全員“インポ”に思えるかもしれない。風俗店にてお手軽で安易にヌイてしまっているような男は、オレから見れば“精神的インポテンツ”に間違い無いッ!
先に述べたように、キャバクラは酒と会話を愉しむ場所であるに違いはないのだが、それだけを目的にキャバクラへ通っている客は、限りなくゼロであるのも確かだろう。
酒と会話しかサービスしてくれない店で男達は何を求めているのか?そう、キャバクラに魅了された男達が求めるのは、きらびやかなドレスをまとったハタチそこそこの若い女との出会いである。キャバクラとは、女との出会いを金で買う場所だと言えるだろう。このキャバクラ観は肝心のキャバクラ嬢はと言うと、キャバクラは「金儲けをするための場所」に過ぎず、あくまでも仕事に来ているダケだ。キャバクラ嬢は出会いをキャバクラで働いているワケでは無い。客に向けられた愛らしい微笑みも、優しい言葉も、いたわりのメールも、そのほとんどすべてが仕事の一環によるものであり、間違ってもハズが無いのだ。ギャップこそが「心の揺れ」を演出するキャバクラ特有の魅力となり、やがては男達を悲劇のドン底へ叩き落とすキャバクラならではの魔力になるのである。
客とキャバクラ嬢、この両者の気持ちをバッサリと分断する、まるで冷戦時代のベルリンの壁のような大きなギャップを埋めることは永遠に不可能なのか…と諦めるのはマダ早い。
少数ではあるが、キャバクラへ通う客達がのうらやむようなイイ夢を見ているヤツはこの地球上に確実に存在している。キャバクラ嬢と一夜をともにしたヤツも、キャバクラ嬢と恋愛関係に発展したヤツも、さらにはキャバクラ嬢と結婚したヤツだっていることを忘れてはいけない。仕事という意識で勤務しているキャバクラ嬢であったとしても、やはり結局は女に他ならない。一線を「男と女」の関係に発展するケースだって確実にあるハズ。
そのために男を磨き、そして男を試す場所こそがキャバクラなのだ。


キャバクラで指名した場合、キャバクラ嬢の心理としては「あのお客はワタシに気がある。だからまた指名で来てもらいたい。」となる。
キャバクラ嬢という仕事は、指名を多く取るコトで多くの給料を手にコトができるからだ。そういった理由で、電話かメールで営業をされるコトになるだろう。露骨に「店に来い!」と言ってしまうと、さすがにお客も「100%営業だな…。」と、営業がバレてひいてしまう可能性がある。その辺はキャバクラ嬢も心得ているもので、営業っぽくないような内容で営業をしてくるハズだ。キャバクラ嬢から連絡が来たからと言って、たやすく舞い上がるのはダメだ。
「俺に気があるのかも!」などと勘違いするのはあまりに早計過ぎる。キャバクラ嬢は客にも同じように電話やメールをしてるのは当たり前のコトだ。冷静な対応を心がけて欲しい。ところだが、最初くらいはキャバクラ嬢にハマるのも良いかと思う。夢を見られるのなら多少の出費はムダでは無いッ!!
その理由とは、ある程度キャバに通い出して、キャバという場所になれてしまうと、手の内が読めるようになってきてしまって、キャバクラ嬢に対して疑心暗鬼になってしまうからだ。
ドキドキでなくなってしまう。キャバクラ嬢が夢を見させてくれないのでは当人が夢を見よ状態に陥ってしまうのだ。つぅコトで、最初くらいはバカみたいに本気でキャバクラ嬢に惚れてみても良いのでは無いだろうかと思う。人生を棒に振らない程度のハマりでとどめて欲しい。


スポンサーサイト
[ 2006/10/01 15:58 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/65-346efa3f





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。