スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

稼ぐビジネス! 

ネットワークビジネスとは一言で言うと、個人でやる通信販売です。事は宣伝と販売です。それって営業マンじゃない の?と思われた方は鋭い!半分当たりです。ネットワークビジネスはその構造に特質がある為、普通に言われる営業とも少し趣が異なりま す。




化粧品会社の営業マンの場合、お客様に商品を売って会社から給料を貰うけれども、自分 では買いませんよね?いや、女性や既婚の男性ならば、奥さんが使ったりする事も多い でしょうが、未婚の男性だと自分で買ったりは普通しないはずです。 ところが、ネットワークビジネスの場合、ビジネス参加者自身がその会社の商品の消費者でもあるのです。
どういう事かというと・・・
ディストリビューターA「このジュース、買いませんか?」注1:ジュースは例えです。
注2:デ ィストリビューター=ネットワークビジネスをする人 客B「お、美味いじゃん。買った」 ディストリビューターA「ありがとうございます。ところで、Bさんもこのジュース売りません か?」 消費者B「ハァ?」 ディストリビューターA「いや実は、このジュースが売れると出来高払いで、商品の代金の10% が貰えるんですが、Bさんが売ってくれた売上からも私は10%貰えるんですよ」 消費者B「調子の良いこと言ってんじゃねえよ!何で俺がそんな事しなきゃいけないんだ!」 ディストリビューターA「でも、BさんもCさんに売れば10%貰えるし、CさんがDさんに売れば、 また10%貰えるんですよ?もちろん、私も更にCさんとDさんから10%ずつ貰えるんですけどね」 消費者B「・・・何それ、メチャクチャおいしいじゃん。よし乗った!」 ・・・そして、 ディストリビューターB「このジュース、買いませんか?」 客C「お、美味いじゃん。買った」
ネットワークビジネスとは、物凄く簡略化して言うと、こういうものなんです。
ところでこの仕組み、何かに似てるとは思いませんか?そう、ねずみ講です。
ずみ講との最大の違いは、商品が在る か無いかです。
ネットワークビジネスには商品が在りますが、ねずみ講には在りません。 「金銭の配当」だけを商品を「売る」事を無視しているのです。利益を追求することを目的にしているじゃないか、と言う人もしれません。
そう言われると、宝くじだって「儲かるかもしれない権利」を売っているの だから、ねずみ講も一見良そうに思えます。ネットワークビジネスとは本来、流通を促すための販売手法の一形態に過ぎないのです。
ネットワークビジネスは商品が無いとダ メ。ずみ講には商品が無い、とだけ覚えておいてください。国ではある季節に、ねずみが10万匹だか100万匹だか大量発生し て土地に収まりきれなくなり、大きな川めがけて突進した挙句、ほとんど全滅してしまうのだそうで す。
ずみ講も、その名前の由来からして想像できると思いますが、これと同じようなことが起こりま す。ネットワークビジネスとねずみ講との違いは、組織内での金銭の配分方法の決め方にも見られま す。
ずみ講ではこの場合、上の世代の人それぞれに対して支払われるのですか ら、10世代以降の人達には収入が発生しないか、若しくはマイナスになってしまいます。配当金を受け取ることの できる世代を6世代までとか7世代までに制限したり、階層が降るごとにパーセンテージを下げるなどの 工夫を凝らして、バランスを取っています。
ボーナスプランを決定することで、組織 に早く加入した人達ばかりが儲かって、後から参加した人達が絶対に損をしたり、不利になったりしな いように考えられているのです。ネットワークビジネスとねずみ講が違うということについては、まあ何となく 分かって貰えたのではないでしょうか。
「それってマルチじゃないの?」と疑いを持 つ人もいると思います。
方が名称なのかも知れません。 MLMとはマルチ・レベル・マーケティング(Multi Level Marketing)の略で、直訳すれば「多段階の販 売」となります。
販売、などといきなり説明されたら、何のことやらさっぱり分からないとこ ろでしょうが、貴方はここまで読み進んでこられたので、貰えていると思います。ネットワークビジネスの正式名称である、マルチ・レベル・マーケティン グの中の、最初の「マルチ」という言葉です。
マルチ、という言葉が冒頭に付くと、それを見たりほとんどは、「なーんだ、マルチ商法かよ」と判断してしまうでしょう。MLMと マルチ商法は違うのです。 マルチ商法とは、要するに商品が在るねずみ講です。
ネットワークビジネスとねずみ講の違いは?でよう に、組織のトップポジションにいる人達ばかりが儲かって、後から参加した人達が絶対に成功できない構造になっていたり、商品は在るのだけれども、全然代価に見合わないような物を売っていたり訳です。 違法なマルチ商法は、本来は「マルチまがい商法」とか「悪徳マルチ」などと呼ばれていました。
実質、マルチ商法=マルチまがい商法=悪徳マルチ=ねずみ講、というのが認 識です。数年前とネットワークビジネスの有名企業が、雑誌に会社をマルチ商法と書かれた のに腹を立てて、名誉毀損で訴えました。訴えが認められて原告が勝訴しました。この裁判を 契機に実業界では、MLMはマルチ商法とは別のものとして扱われるようになったのです。 ネットワークビジネスはマルチ商法とは違います。
ネットワークビジネスが違法じゃないことと、その概要ぐらいはおぼろ げながら見えてきたのではないでしょうか?そこで今度は、ネットワークビジネスとは何なの か、いよいよその本質について迫ります。
考え方ではなく、むしろ地域中心のまちづくりを進めるという点では、旧来の村社会に近いものがあります。

ではコミュニティビジネスが注目されるようになったのでしょうか。
あり方、一人一人の生き方への展望が変化し、コミュニティビジネスによる地域社会作りが求められるようになってきたからです。
充実したライフワークをつくり上げるか、それがこの言葉の中 に期待されている大きな要素ではないでしょうか。


コミュニティビジネスは「仕組みづくり(ビジネスモデル)」がポイントです。
企業では仕組み、枠組みは「事業」として収益をあげ、拡大していくかという点に力を 注いでおりました。
仕組みづくりとは、その両方の利点を生かし、ポイントを押さえなが ら実施するものです。
視点から見た柔軟な発想による検討
②人のネットワークを基盤として
③地域課題の解決というような使命(ミッション)を求心力としたもの
④企業が対応できない地域と密着したニッチ的な事業
⑤ボランティアとは積極的な側面を持っている
⑥社会に対して安心感を与えるもの など
このようなポイントの中で、次の様に「サービス」「物販、店舗販売」といった業務をニーズに対応 した多様な事業の仕組みを独自に持っているものといえるでしょう。
地域コミュニティを生かした循環型のビジネスモデルが理想型といえます。
特別なものでは地域の特性、文化、歴史、風土、慣習などを尊重し、地域の特性を生かした社会作り、まちづくりのあり方を示すものです。

少子高齢化が進む中、地域で過ごしやすい環境を作ることは命題であり、あり方としてコミュニティビジネスが注目を浴びるようになってきました。

今後は市民による、市民のための地域づくりが始まり、またその成果としては、本当の意味で豊かな 地域社会を目指すことにのです。



スポンサーサイト
[ 2006/10/01 16:00 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/68-dac14dd3





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。