スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

誰でも簡単SEO。 

検索エンジン最適化(SEO)とはGoogleやYahoo、MSNと言った検索エンジンにおいて、ホームページの内容に関連するキーワードやキーフレーズで検索をかけた際に自社のWEBサイトが上位に表示されるようホームページを改善することです。




現在、インターネットを活用したWEBプロモーションを考える上で検索エンジン経由のサイト訪問者は、WEBサイトが獲得することのできるターゲティングされた、コンバージョン率の高いユーザーであると言われています。

ユーザーは自ら商品やサービスに関連する情報を探している極めてユーザーであり、検索エンジン経由でユーザーをサイトに誘導することは、特定の情報に興味があるユーザーが、特定の情報を求めているその瞬間に、特定の情報を提供することであり、WEBサイトに取って最も魅力的な種類のユーザーであると同時に確度の高い見込み顧客だと言えます。
Webサイト構築などを手がける事業者の中には、SEOをメニューに用意しているところもある。

 ディレクトリ型サーチエンジンは手作業で登録している場合には順位を変動させることは困難だが、全文検索を行って一定のアルゴリズムに従って順位を決定しているロボット型のサーチエンジンでは、そのアルゴリズムを分析することで順位の変動がある程度制御できることがある。

 具体的には、適切なキーワードの選択や相互リンク先の増加などの手段があるが、ランク付けのアルゴリズムは年々高度化して「攻略しにくくなっており、さらに現在でも頻繁に変更が行われるため、地道にコンテンツを充実させて認知を広げていく以外に万能で確実な手段は存在しないと言っていいだろう。
SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、直訳すると「検索エンジン最適化」となります。つまり、検索エンジンの検索結果の上位に掲載させるための技術のことをいいます。

現在、検索サイトにはリスト化された10億以上のウェブサイトが存在しています。これら、多くのサイトの中から目的としている情報を取得することは容易なことではありません。たとえばあなたのサイトにある情報に興味をもっているお客様は、どのようにあなたのサイトを見つけるのでしょうか。

多くのインターネットユーザーは検索エンジンから「キーワード」を打ち込み、その検索結果から自分の欲しい情報を探します。お客様の目にとまり、そして呼び込む為には、その「キーワード」に適したサイトを作り、検索サイトでより上位に表示されることが不可欠となります。
上位掲載の基本はサイト内容の充実

あなたは、より多くのWebユーザーにサイトに訪れて欲しいと思うでしょう。あなたは、ビジネスでの競合他社の誰よりも上位の位置に表示されたいと思うかもしれません。しかし、ただただSEOの技術を駆使するだけでは上位掲載は望めません。サイトの充実、そしてSEOの技術が合わさってこそ、上位掲載に効果を発揮するのです。

あなたのサイトはその「キーワード」に適したサイトになっているでしょうか。SEOを利用し、検索結果の上位に掲載されるということが、多くの人たちをあなたのWEBサイトに導く機会が増えるということになるのです。また、検索エンジンが禁止している方法(スパム行為)を使ってSEOをしてはいけません。悪質なSEOを使用することなく、正しいSEOとサイトの充実、これこそがあなたのWEBサイトに人々を導く最適の方法なのです。


の、SEO(Search Engine Optimizer 又は Search Engine Optimization)、即ち、検索エンジン最適化なる用語が出てきたのは、高性能なロボット型検索エンジンGoogleが日本にも登場してきた辺りだったと思われますが、これは特定のキーワードの検索結果が上位になる事で、アクセス向上を目指す物です。SEOの手法は、当初こそ、脆弱性があって、特定の単純な法則に則って、ホームページのhtmlを記述する事で、簡単に上位掲載を狙う事が可能でしたが、現在はアルゴリズムの向上に伴い、そう容易い物でも無くなっています。いわゆる、SEO専門の業者もいますが、安易に鵜呑みにしないほうが良いでしょう。SEO業者と、スパマーは表裏一体の面があり、その手法が、検索エンジンスパムである場合は、上位掲載されるどころか、逆に下位に押し下げられ、最悪の場合は、検索エンジンから除外されます。

本来の検索エンジン最適化(SEO)とは、ロボット型検索エンジンにわかり易く、ホームページの内容を通知するための手法とお考え下さい。Google自体も注意文を掲載しているように、検索エンジン上位掲載を保証する為のテクニックと言うのは、存在しません。検索エンジンに上位掲載されるべき適切なページが、上位掲載されます。その理屈に則って、優れたホームページの内容、コンテンツを用意し、被リンク数の増加などによる、多数のサイト、有力なサイトに支持される事で、上位掲載がなされます。


実際、筆者自身も最近のSEOに関するテクニックは様々なサイトなどで見聞し、論理的な解釈についても理解し、知っておりますが、ではその通りにページを記述し、実行すれば、良い成果が出るかと言うと、現実はそうでも無いのです。例えば、キーワードの出現頻度にしても、適正があるのは存じておりますが、では、その出現頻度を下げ、適正と言われる数値にすれば、上位掲載されたかと言うと、逆の結果になった事もあります。基本的には相対的な順位ですので、その結果であると考えるのは早計でしょうが、それ以降、当サイトでは、最新のSEOテクニックを追い求めるよりも、紹介するページにおける情報の質やユーザービリティを重視するようにしています。 また、SEO業者に依頼して物の見事に圏外に弾き飛ばされたと言う話なども耳にされた事の無い方は、ネットを広く散策される事をお勧めします。

本文を読んでも、尚、果敢に、(スパマーでは無い)SEOにトライされたい方へアドバイスするならば、CGIやJavaなどのプログラム言語の習得は必須として、ホームページ製作ツール、製作環境を良い物にしておく事をお勧めします。優れたツールと環境は、効率の良いウェブサイト製作に必須条件です。当方は、ホームページ製作ツールには、FrontPage2003を用い、共有するローカルサーバー上でデータ管理を行いながら、サイト構築を行っています。また、画像関連のレタッチツールも重要で、高額ですが、出費を惜しまないほうが良いでしょう。必要に応じて、購入される方は、激安パソコン・格安パソコンを参考にして下さい。ネット購入ならかなり安くつきます。

追記:海外に目を向けると、SEOに対する風当たりが非常に強い事が伺える。国内のGoogleで"SEO"を検索すると、相応の検索エンジン最適化関連のサイトが上位に来るが、米国に関してはどうだろうか。米国GoogleでSEOを検索 最上位には、SEOに対する注意文を掲載した、Googleのページが来る。また、このページのアドレスを含むページを見て言って貰うと、尚一層、SEOに対する米国での対応、考え方が理解できると思う。contain the term 英文が理解できない方は、無料翻訳のページを参考にして下さい。これは、2004年1月現在、まだ海外での状況ではあるが、これをどう解釈するかは、あなた自身の判断にお任せします。

上記記事を掲載して、9ヶ月程度経過しました。検索エンジンの変化(進化)によって、SEOも様変わりしていますが、1つ言える事は、SEOは、汎用性の高い特定キーワードで上位を狙っても、中々難しい物ですし、効果的なアクセス数の期待と言うのは出来ないと考えたほうが良いでしょう。一般的な個人サイトで長期に真面目に運営を続けるのならば、あなたのページに最も適し、競争性の低い、複合的なキーワードでのアクセスを望めるような、検索エンジンへの効率の良い通知法、即ち本来のSEOの手法を取ったほうが良いのではないかと思います。

未だ断定は出来ませんが、ここ半月程度のGoogleの挙動を考察していると、アンチスパムから、アンチSEO的な色合いが濃くなっているように思われます。これは、検索エンジンにもわかり易く通知せずとも、検索エンジンは理解できるレベルに達しているから余計な事をするなと言う意思表示の現われでではないかと言う解釈と、アンチスパムぎりぎりの所で徹底的なSEOを行うかのようなSEOビジネスが増加している事や、上位掲載され易い、ブログを使ったスパム的なサイト宣伝が増加している事などが理由ではないか?と推測していますが、あくまで個人の推測の域を出る物ではありません。他方、逆に、(ユーザー側から見て)明らかな(検索キーワードとサイト内容がマッチしていない)検索エンジンスパムサイトが上位に躍り出ていたりする結果も散見できますので、ともかく、もう暫く様子を見てみない事には何とも言えそうもありませんが、もしこれが確定的ならば、SEO、即ち検索エンジン最適化はリスクが極めて大きな危険な行為であると言う事になるかも知れません。特に、商用サイトのオーナーの方は、よく考慮したほうが良いように思われます。

SEOでは、実際に効果のあるアクセスを伴った集客には、さほど効果が無い状況である事が広く認知されてきているの事と、Googleの検索結果の正確性が顕著になり、こて先のテクニックによるSEOが難しくなってきている事などを反映してか、一時期のような厳しさは薄れ、寛容になっていると思われます。米国Googleでの"SEO"の検索結果には、"SEO"に目くじらを立て憤慨しているユーザーの影響が殆ど感じられ無くなっているのが、その実証と言えるでしょう。サイト運営にとって重要なのは、意味のあるアクセスであって、無意味なアクセスは必要とはしない。全く無意味で逆効果の可能性のあるアクセスならば、排除すべきであると言う認識を持ったサイト管理者が増えているのかも知れません。闇雲にアクセス数のみを上げれば良いと言う事では無いのですよね。 古いタイプの、業者などの定義していた、検索エンジン上位掲載目的での”SEO”は終焉を迎えていると感じています。
SEOなどの知識を知らずとも、訪問者に好感が得られるサイトを作り、きちんとサイト運営を継続すれば、自然と検索エンジンでの検索結果にも反映されるような方向性も明確に出てきていると思われます。


スポンサーサイト
[ 2006/10/01 16:06 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/75-5cb2efe6





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。