スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヤフーで1番! 

ヤフー!とはサーチエンジンが中心となっています。下記のリンクがヤフー!ジャパンのトップページです。
リンク集だけでなく、ニュース速報や株価情報、フリーメール、チャット、電子掲示板、ネットオークションなどの様々な機能が実際に情報を検索したりする際にはユーザーがヤフー!を利用しています。





最近ではヤフー!BBというブランド名でプロバイダ事業も広く普及しており、動画配信などのサービスも増えていくと思われます。
調べものをするのに便利です。

ヤフー!の中でも最も多く利用されている機能ではないでしょうか。
あなたはヤフー!で検索をするのにどのように検索していま検索方法は大きく分けて2種類あります。

一つはカテゴリーから検索する方法。
もう一つは検索するキーワードを入力して検索する方法です。
両方の検索方法を使いこなしていますか?


●カテゴリー検索

特にネット初心者の場合は、カテゴリーから検索する方法を使っている事が多いと思います。
ヤフー!のトップページの中段くらいの位置にある「ヤフーカテゴリー」の中で該当項目を探します。
自動車の場合は「趣味とスポーツ」のカテゴリーになります。
カテゴリ-の中の項目をクリックします。
今度は自動車のカテゴリーの中からさらにカテゴリーが出てきます。

この中から用途に応じたカテゴリーを選択する事になります。
新車の購入を検討している場合だったら「購入ガイド、試乗レポート」のカテゴリーを選ぶのもいいでしょう。

新車情報のサイトから自動車購入のガイドのサイトまで様々なサイトが出てきますので、その中から自分が探している情報が書かれていそうなサイトを選ぶ事になります。
カテゴリーではなく、「メーカー、ブランド」のカテゴリーから検索する方法もできます。
その場合、様々なメーカーのカテゴリーが出てきますので、その中から自分の好きなメーカーのカテゴリーを選択して、情報を検索する事になります。
この検索方法の長所は、マウス操作のみで検索が出来てしまうという手軽さです。
パソコン初心者にとってはキーボード操作が苦手だったりする事が多いので、検索のキーワードを入力する事もなく、マウスでクリックするだけで情報が検索できるというのは便利です。

実際私もパソコンをさわり始めたばかりの頃はカテゴリー検索をメインに使っていました。
カテゴリー検索の長所があります。
一つ一つカテゴリーをクリックしていく過程で、意外なキーワードを見つける事が出来るという点です。
先ほどの自動車の例では本来メーカーのサイトを探す予定であったとしても「購入ガイド、試乗レポート」のカテゴリーを見つける事により、視点で情報が見つかる事があったりするのです。
カテゴリーを見ていく事になるので、「このカテゴリーはどんなサイトがあるのだろう」といろいろ探していく事により、知らなかった情報が見つかったりする場合があります。
短所もあります。
一つの情報を検索する為に何度もクリックをしていかねばならないという点です。

キーワード検索の場合は必要なキーワードを入力すれば一発でサイトが見つかる場合もありますが、カテゴリー検索ではそういうわけにはいきません。
情報によっては、どのカテゴリーその情報があるのかわからない場合もあります。
その場合は恐らくこのカテゴリーだろう、といくつものカテゴリーを見ていかねばならず、手間がかかってしまうことになります。


●キーワード検索

この方法は検索フォームにキーワードを入力して検索する方法です。
上級者の多くはこの方法で検索をしていると思います。
上段に検索フォームがあります。
その検索フォームにキーワードを入力する訳です。
先ほどの自動車について検索するとします。
検索フォームに「自動車」と入力します。
その隣にある「検索」ボタンをクリックします。
「自動車」に関するカテゴリーやサイトがいっぱい出てきます。
この中から自分が必要だと思う情報を探す事になります。
キーワードの場合、カテゴリーだけでも1700件以上、登録サイトに至っては14000件以上出てきます。
これらを一つ一つ見ていく事はこの中から絞り込みを行う事になります。

絞り込みの方法はこうです。

検索結果の上段に検索フォームがありますが、先ほど検索したキーワードの「自動車」という文字が入っているはずです。

その後ろにマウスをクリックしてカーソルを置き、一つスペースを空けます。
そのスペースに続いてもう一つのキーワードを入力するのです。
「新車」と入力してみましょう。
検索フォームには「自動車 新車」と入力される事になります。

キーワードを複数入力する事により、両方のキーワードを含むサイトを検索する事が出来るのです。
場合「自動車」と「新車」の2つのキーワードを入力しているので、これら両方のキーワードを含むサイトを検索する事が出来るのです。
ボタンをクリック。
先ほどの14000件から800件まで絞り込めました。
キーワードを追加する事も出来ます。
検索フォームには「自動車 新車 トヨタ」と入力する事になります。

今度は「自動車」「新車」「トヨタ」の3つのキーワードを含むサイトを検索する事になるのです。
ボタンをクリック。

この量なら一つ一つ見ていく事も可能でしょう。
場合によっては、キーワードを追加して絞り込むのもいいかもしれません。

このようにキーワードを追加していく事によって、データの中から必要なサイトを検索する事が出来るのです。
キーワードを複数入力して検索する事も出来ます。
最初から複数のキーワードを入力して検索をした方が効率がいいと思います。
このキーワード検索には注意点があります。
「自動車 新車 トヨタ」というキーワードで検索しましたが、「自動車 新車 toyota」と検索すると14のサイトしか出てきません。
「自動車 新車 豊田」で検索した場合はの2つです。
たとえ同じキーワードでも記載方法によってはヒットする数が異なってきますので、どのキーワードを入力するのかが大きなポイントとなります。
漢字やスペルミスなどでは検索しても見つからなかったりしますので、注意が必要です。


カテゴリー検索とキーワード検索を使い分ける事により、情報を早く正確に探す事が出来るのです。
地図情報を調べる事もできます。
この地図情報を利用する事により、初めて行く土地に関しても前もって調べておく事ができます。
場合、住所が分かっていても、一度も行った事がない場所を調べる場合にこのYahoo!地図情報を活用する事が多いです。

一つは住所から地図を調べる場合、もう一つは施設名から地図を調べる場合、そして地図から施設や地名を調べる場合です。
渋滞情報を調べる事も出来るのです。
出勤前に道路情報を確認しておくことにより、急いで家を出なければ行けないのか、のか知る事が出来るのです。
外回り営業などの場合でしたら、会社を出る前にどの道路が渋滞していてどの道路が空いているのかを確認しておけば効率良く移動する事ができるでしょう。
ヤフー!トップページから「道路交通」をクリックすると Yahoo!道路交通情報のページに移動します。
URL欄に「http://roadway.yahoo.co.jp/」と入力してもYahoo!道路交通情報のページに行けます。
このページから調べたい道路に関する渋滞情報を調べる事が出来るのです。
首都圏、関西圏、中部地方の高速道路に関しては画像から渋滞情報を知る事も出来ます。
一般道路の渋滞情報を調べたい場合、画面を方へスクロールしていくと「一般道路渋滞・規制情報」の欄がありますので、その中から「東京」をクリックします。
どのあたりでどのような渋滞・規制が行われているのかなどが分かるのです。
変わりますので、ドライバーの方はこまめにチェックする必要があります。



スポンサーサイト
[ 2006/10/01 16:09 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/79-31b98d67





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。