スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

検索出来る? 

検索とは上で検索という機能は重要です。
この検索をおこなってくれているのは、検索エンジンと呼ばれるものです。
検索エンジンとは?




 インターネット上に情報やファイルなどを検索することができるサーバーのことを指します。
インターネット上にホームページのデータベースなのです。
検索エンジンについて
 検索エンジンには「ディレクトリ型」と「ロボット型」、そしてそれらを合わせた混合型の三通りがあります。

ディレクトリ型検索

 まず情報発信者(HPを持っている人)が、登録場所と内容を検索エンジンのサーバーに登録します。
それを検索エンジンの管理者が利用者の使い易いように分類し、内容に一言付けてデータベース化します。要望に該当するものを探し出す、という仕組みです。手作業で登録が行われるので情報数はロボット型に比べると少なめです。精度が高い物が多く、選んだページを覗いた後の失望感が少ないのが特徴です。その事柄や人物における公式ホームページや人気ホームページなどは、ココで検索するのがオススメです。
使いやすいので初心者向けです。情報収集プログラムが、ウェブ上から自動的にホームページデータを収集するシステムのことを「ロボット型検索」といいます。
自動登録検索のため、検索結果数が膨大に多く、選びがいがのが特徴です。その言葉が含まれているとヒットしてしまうことがあるため、カス情報をつかんでしまう弊害もあります。名前を検索するなど遊びで検索してみるときにはオススメです。
検索方法
 検索エンジンは欠かすことのできないサイトです。
1ワード検索をやめてみましょう。検索の使い手こそネットを存分に楽しめるでしょう。
AND検索

 入力したすべての語句に関連する内容を検索したいときに使います。
広範囲に検索をかけたい場合や、検索語句そのものが曖昧なときに便利です。
OR検索

 入力した両方の語句に含まれるものだけを検索するときに使います。
ターゲットに近い検索方法のためヒット率が高いです。
NOT検索

 片方の語句に含まれたものを排除する1ランク上の絞込み検索方法です。
検索語句が明確なときには、絶大な効果を発揮するでしょう。意味をウェブ検索エンジンで調べるときに、調べたいことばに「とは」を付けて検索すること。
ページではそのような記述となっているであろうことを推測して検索エンジンを使うコツのひとつであるが、この方法が効果的とは限らない。


リンク元で散見される「ドラえもんどーにかしてよ」的な検索

単純に「紀伊國屋」や「東京ドーム」等で検索すれば、順調に目的地に到着することが出来るにもかかわらず、遠回りを思えない方法をとる。
「疑問文」をそのまま入力することも多いようだ。

検索エンジンとしてヤフーを用いることが圧倒的に多い。
)による文章を受け取って、適した内容を検索・表示するシステムのこと。
ウェブ上から「クラシック音楽のCDを無料で試聴できるサイト」を探したい場合、現在主流のキーワード検索では「クラシック CD 無料 試聴」というように、重要そうなキーワードを自分でピックアップして検索をかけ、結果に合わせて条件を調節する必要がある。
自然文検索ではそのまま「クラシック音楽のCDを無料で試聴できるサイト」と入力すれば、そのようなサイトを検索結果として表示してくれる。「人力検索」をコンピュータによって完全自動化したもの、とも言える。
機能も、ヘルプを対象とした自然文検索である(はず)。


過去にはgooラボの日本語自然文検索実験「Web Answers」が注目を集めたが、2005年5月9日で終了している。
企業が開発し、サイト内検索として多くの企業サイトにて活用されているが、ウェブ全体からの検索が可能なサービスはまだ実用に堪えていないようだ。


自分で検索エンジンを利用してネットを検索するのではなく、不特定多数のユーザーに検索・知識提供を求めるシステム、またはそのサービスを提供するサイト。
一般的には知識検索、Q&Aサービスなどとも呼ばれる。人力検索はてな(http://q.hatena.ne.jp/)がその代表格と言えるが、他にも同様のサービスを提供するサイトが増えてきている。手による情報提供のため、機械的な検索の性能ではウェブ検索エンジンに一歩を譲る。その反面、通常の検索では見つけにくい、または時間のかかる情報が得られる場合も多い。利用方法によっては検索以外の情報を得る手段として注目されつつある。


スポンサーサイト
[ 2006/10/01 16:21 ] ビジネス・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://info20061001.blog77.fc2.com/tb.php/81-923e2fca





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。